チビヒメ、絶賛「赤ちゃん返り中」です。
いやー・・・あるんですね、兄弟いなくても赤ちゃん返りって・・・

 

夫が2人目を拒む理由の1つに「赤ちゃん返りが大変だから嫌」っていうのがあったのですが、見事にひとりっ子のまま赤ちゃん返りしました。

なんででしょうね~(/_;)

我が家の赤ちゃん返りの状況

抱っこしないとごはんを食べなくなった

これまで、自分のハイチェアでおとなしく食事をしていたチビヒメ。

最近急に、ひざ上抱っこじゃないと食べてくれなくなりました。

 

具体的には・・・

 

  1. 元気よく「いただきます」と言ってごはんを一口食べる
  2. すぐに「ごちそうさま」をして椅子からおりる
  3. 食事中の私に「抱っこして」という
  4. ひざ上抱っこで食事を再開

 

この流れが朝食・夕食ともに恒例行事となっております(^_^;)

すごく食べにくくて大変です。

できるはずの着替えを手伝って欲しいと言う

保育園に通うようになり、一人でのお着替えが上手になりました。

上の服もズボンも、ほぼ手伝いなしで着られます。

さらには靴下も履けるようになりました。

 

ところが最近は、一番最初にマスターしたはずのズボンすら「できない~」と甘えるようになりました。

別に手伝うのは苦ではないのですが・・・

できるようになっていたので不思議な感じです。

 

しかも、たまに自分でやりたい日もあるようで、その日は手伝うと怒ります

見極めが難しいです(/_;)

ひとりっ子でも赤ちゃん返りする原因

「できる」とわかっているからあえて「甘える」

ネットでいろいろと調べていると、どうやら

 

自分でできるという自覚と甘えたい気持ちの葛藤

 

からくる「赤ちゃん返り」があるそうです。

「できる」ことが純粋に楽しかった時期が過ぎて、気がついたら「あれ?世話焼いてもらってない?」と気づいてしまったのでしょうか。

保育園で月齢の低いお友達が、ママにお世話してもらっている姿をみて羨ましく思ったのかもしれません。

兄弟ができた時の赤ちゃん返りとの違い

兄弟ができた時の赤ちゃん返りはズバリ

 

ヤキモチ

 

です。

今まで独り占めしていたパパママを横取りされたと感じて「自分だって赤ちゃんだ!」とアピールしてくるわけです。

 

この場合もやっぱり寂しいという気持ちが原因のひとつだと言えますね。

スポンサーリンク

赤ちゃん返りへの対応は何が正解?

寂しい気持ちをしっかり抱きしめてあげる

まずは兄弟の有無に関係なく、寂しさを感じているなら「抱きしめて」あげないといけませんね。

 

ほったらかしにしてないよ、ちゃんと見てるよ、大好きだよ

 

という気持ちが伝わるようにハグの回数も増やしたほうがいいかもしれません。

ついつい忙しいと、一緒に過ごしている時間でも家事を優先してしまいます。

時には手をとめて、子どもと遊ぶ余裕も必要ですね。

「お願い~」と頼ることでやる気にさせる

兄弟が産まれたのなら、よくあるのは赤ちゃんのお世話アシスタントにすることです。

 

  • 新しいオムツをとってきてもらう
  • オムツのテープを一緒に止める
  • 赤ちゃんのおもちゃやおくるみをとってきてもらう

 

などの簡単なお世話のお手伝いをお願いすることです。

パパママを横取りされたと思うよりも、お世話をする重要任務を任されたことに意識がいき赤ちゃん返りが和らぎます。

 

ひとりっ子の場合も同じく「重要な任務」でやる気が引き出せるようです。

ようです・・・というのは実践してないので曖昧です。

 

また赤ちゃん返りが解消したら実践例として追記しますね(^_^;)

寂しい思いをさせていたのかもしれません

保育園に通い始めた頃は、お迎えの後は家事をしないように時間をやりくりすることに気を配っていました。

ところが帰宅後に一人遊びができるようになった頃から、家事中心に時間を過ごしていたことに気づきました。

そういえばチビヒメが「見てー!」という言葉をよく使うようになった気がします。

 

保育園では担任の先生を独り占めできません。

自宅でも親を独占できない状態では、寂しさを感じるのも当たり前かもしれません。

 

赤ちゃん返りになってくれたことで、改めて時間の使い方を見直す機会を得た気がします。

チビヒメと遊ぶ時間を確保できるように、家事の段取りを考え直してみようと思います。

スポンサーリンク