ベビーのためのグッズも、いろいろと揃えましたよ。

肌着やお洋服関係

真夏の出産なので、洗い替えは多めにしたほうがよいとアドバイスもらいました。

一日で2~3回、お着替えするかもしれないそうです。

エイデンアンドアネイのおくるみ

ザ・おくるみ、というものはやめました。

キャサリン妃愛用と名高いエイデンアンドアネイです。

おくるみとしても使えるし、ブランケット、バスタオル、授乳ケープ・・・

と色々使えるみたいです。

マルチに使えそうなので4枚セットを買っときました。

短肌着


洗い替えも含めて6枚。

うち1枚はセレモニー着用に無地白です。

コンビ肌着


こちらも洗い替えも含めて6枚。

基本的に短肌着と同じ柄で揃えてます。

2wayオール


2枚買いました。

退院着用の真っ白と、その他お出かけ用の柄物です。

ベビーハンガー


いらない、という意見も多かったんですけど
お洗濯するときにあると便利だと思うので買っときました。
たいした金額じゃないし。

お世話・お手入れ用品

お風呂やその他お世話するときのお手入れ用品です。

夫が、イクメンになってオムツ替えとかも手伝うつもりらしく
布おむつはやめてくれと言われています(なんだそれは)

そんなわけで紙おむつで準備をしています。

細かなケアグッズ一覧

ベビー用綿棒

大人用のものとはサイズが違う!

爪切りハサミ

赤ちゃんの爪は柔らかいのでハサミが便利

おしりふきとフタ

詰替え用のおしりふきに直接貼るフタ

体温計

知人看護師にアドバイスをもらい、おでこで測るタイプにしました。

紙おむつ

ベビーパウダー&パフ

今まで知らなかったんですけど、ウェットティッシュタイプのものに
シールでフタ部分だけつけるアイテムがあるんですね。
専用ケースに入れなくても、乾燥しにくくなるっていう!
今回初めて見かけて買ってみました。

 

なんとなく、赤ちゃんのお世話といえば使っていたイメージが強く
つい買ってしまいました。恐るべし幼少記憶。

スポンサーリンク

沐浴・お風呂用品

沐浴グッズですねー
正直よくわからない(親的にも昔は無かったグッズばっかりだからわからない)
ということで、ほぼ、薦められるがままです(^_^;)

ベビーバス


レンタルですます人もいるみたいですが、
レンタル品にラインナップのなかったビニールタイプが使いたかったので
購入しました。あ、ポンプ買わないと!

ベビー用ボディソープ

沐浴剤派とボディソープ派にわかれるみたいですね。
いままで、ボディソープでの沐浴指導しか受けていないので
ボディソープ購入しました。
片手でプッシュできて、最初から泡が出てくるタイプが便利です。

 

バスタオル

エイデンアンドアネイでおくるみと兼用で使うつもりですが、
それとは別に、可愛いバスタオルを一枚買いました。
素材は表ガーゼ裏パイル地のものです。
オススメ品としてミキハウスのセミナーで習いました。
しかも身長メモリつきなので、写真におさめて成長の記録にも
役立ちそうです!

ガーゼハンカチ

沐浴必須品ですよね。

10枚入りのものを買いました。

ベビーローション

ベビーも湯上がりは保湿を、という宣伝文句にあせり
ちゃっかり買いました。
ママ兼用のものなので、もしかしたら自分で使うがメインになるかも。

ベビーカー・チャイルドシートなどの大きなベビーグッズ

これまで細かい小物類をまとめましたが最後に大物です。
子供部屋を確保できないため、大きな家具は用意してません。
お洋服の収納も、当面は大人のチェストにベビー用引き出しを
割り当てて使用する予定です。

ベビーカー&チャイルドシート(兼用)

ベビーカー・チャイルドシートの予算がそれぞれ5万円だったので
セットで10万円以内におさまりましたー(*^_^*)

ベビーふとん

ベッドを買わなくなった分、お布団予算奮発しました。
ビラベックです。
実際に、大人用で試してみてすごく良かったお布団です。
ただ高くて買えず、いつか夫婦で揃えようねと言っていたブランド。
一足早くベビーが使います 笑

ベビーベッド(レンタル)

帰省中のみ使用するため、レンタルしました。
ほんとは買ってあげたいけどねー
スペース的な問題です。

こんな感じでしょうか~
項目的には多いですが、小物も多いのでさほど荷物にはなりません。
でも、おしりふきやおむつなど、かさばるものは通販のほうが便利ですよね。

ベビーのためのグッズをそろえた手順

お買い物の手順
  1. 必要品目リストアップ
  2. 具体的な商品名と価格リサーチ
  3. 一覧表を元に実店舗買い出し
  4. ※ネットのほうが安ければその場で買わない

  5. 実店舗で購入しなかったものをネットで購入

こんな感じで買い揃えました。
お洋服なんかは、やっぱり実物を見たかったので店舗で購入して良かったです。

メーカーブランド名がわかっているものなんかは
実店舗でも確認できているので通販でも安心です。

 

ひと通りそろったので、あとはレンタルのベビーベッドを待つばかりの状態です。

ベビーのためのグッズの費用内訳

ざっくり全部で20万円ほどかかりました。
うち、一番高かったのは、ベビーカー&チャイルドシートの10万円。
次に高かったのはお布団セット5万円。
そのほか、お風呂やお洋服、細かい消耗品、ベッドレンタル代が
トータル5万円くらいといった計算です。

 

ベビーカー類を必要としない家庭なら
ミニマム5万円前後で、すべて揃えられるのではないでしょうか。
お布団も最初から大人と添い寝の方もいますし・・・

 

成長に連れて必要なものを買い増していくことになると思うので
ひとまずはこのセットではじめていきますね。(*^_^*)

スポンサーリンク
関連キーワード