チビヒメの風邪でだらだらになってしまいましたが、少しずつですが読み聞かせ続けています!

今回は、英語特集として英語絵本だけにしてみました。

英語絵本に興味のある方は是非どうぞ~

100冊読む

【75冊目:Is it Time?】

Is It Time?

おやすみ前の犬の親子のおはなしです。タイトルとおり「○○の時間?」と子犬が聞き、親犬が「○○の時間だよ」と答えます。

この絵本の特徴は韻を踏むようなつくりになっていて・・・最初のおふろのくだりでは「Run the tub,rub-a-dub-dub」と続きます。この流れが最後まで続くので歌いながら読み聞かせができます。

読んでいて気持ちの良い一冊で、この本は一番良く読み聞かせしました。オススメです♡

【76冊目:MY LOVE FOR YOU】

MY LOVE FOR YOU
作者 SUSAN L.ROTH
https://www.amazon.com/My-Love-You-Board-Book/dp/0803723520/

アメリカアマゾンで取り扱いがあります。ねずみの親子(?)が、どれだけ大好きかを話すお話。

海よりも深く山よりも高く・・・のように、2頭のキリンよりも高く、5匹の蛇より長く、7頭のゴリラより強く・・・と大好きさを表現していく絵本です。○頭(匹)の部分は1から10まで続いていて、動物の特徴に合わせて、強い・長い・深いなどと比較する表現を変えています。

3~5才対象とあるので、日本語絵本だとしてもそのくらいの年齢向けの内容でしょうね。

スポンサーリンク

【77冊目:Busy Lizzie】

Busy Lizzie
作者 Holly Berry
https://www.amazon.com/Lizzie-North-South-Paperback-Holly-Berry/dp/1558586156

こちらも小気味の良いリズムで読める一冊。主に体のパーツを覚えるのに良い内容です。対象年齢は3~6歳とありますが、文字数も少なめなので1歳のチビヒメにもちょうど良さそうです。DWEだとPlay Alongの1のDVDで似たような内容は既に流れています。

【78冊目:Antic Alphabet】

Antic Alphabet
作者 Lena Lencek

アルファベットのお勉強にと思って選んだ一冊。ちょっと不発だったかなー・・・

イラストが芸術的すぎて、一枚絵として完成しているんですね。だからアルファベット別の単語がちょっとみづらい(^_^;)

わが家では読み聞かせというよりは眺める専門の本となっていました。

【79冊目:First Steps】

First Steps: Letters, Numbers, Colors, Opposites Hardcover – March 7, 1994
作者 John Burningham
https://www.amazon.com/First-Steps-Letters-Numbers-Opposites/dp/1564022056

タイトルとおり、 Letters, Numbers, Colors, Opposites の4カテゴリで構成された絵本です。

Numberdは10まで、Colorsは8色、Oppositesは11種類ありますが、ページ数的にはかなりのページ配分を占めていました。バランスよくおさまっているので、自宅に一冊常備しておきたくなるような内容です。

実際にチビヒメが自力で本棚から出してめくっていたのは、この本の時が多かったです。

79冊を読んでみて

今回は英語絵本に偏ったので、次回は日本語絵本に戻そうと思います。冊数はもう少し増やしたいですが、もしかしたら5冊ですすめるかもしれません。冊数よりも1冊あたりの読み聞かせ回数が多いほうが良いような気がして迷っています。

少なからず、この1年間読み聞かせにはそれなりに力を注いできましたが、その成果として絵本に興味を持ち好きでいてくれることはよかったな~と思っています。自分で本棚に行って出してページをめくるなんて「ねんねの頃」には想像できませんでしたからねぇ。

いまは自力で読めるのは「いないいないばぁ」だけで、残りはページをめくるだけですけど・・・もっと自分で沢山の本が読めるように読み聞かせを頑張っていきます(なんだか締めコメみたいになってますけどちゃんと100冊続けますよー (*^_^*)

スポンサーリンク
関連キーワード