前にも少し紹介しましたが、gaccoで幼児許育のコースを受けてます。
すでにweek2まで公開されていて全体の半分を受講したことになります。
ここまでの感想をまとめてみました。

くまちゃん

幼児教育の受講というよりこぐま会の説明会?

講義を聞いていて・・・
もちろん幼児教育についての講義を受けているのですが
ところどころに「こぐま会ではこう指導しています」という具体例が入るんですね。
これがなんというか・・・説明会感が出ている。

どうしても私が母親目線で見てしまっているからかもしれませんが
保護者説明会をオンラインで見ているような感覚になりました。

逆に、こぐま会に興味のある方は
この講座を受講することで、より深くこぐま会を理解できると思います。
そして入会したくなります(^_^;)

読み・書き・計算の前の学習

これまで、幼児許育系の本を読んだりネットで調べたりして
薄ぼんやりとは理解していたことですが
今回の受講で改めて思ったことがあります。

読み・書き・計算の前の学習の必要性

文字を読む、書ける、四則演算ができる。
最近だったら英会話もそうですよね。
これが小学校入学前にこなせたら、何歩かリードした状態で
小学校の学習ができそうなものですが
それよりも大事なことがあるんじゃないかと訴える教育者の方って多いですよね。

このKUNOメソッドもその通りで
「読み・書き・計算」の前にやるべき学習がある
それがこぐま会(っていうと宣伝臭くなりますが)
ということなんですよね。
まぁ、これがベストという教育法を詰め込んでいるのだから
講義の内容が、こぐま会につながるのは当然といえば当然ですよね。

ちなみに読み書き計算の前の学習というのは
暗記でつめこむのではなく、自分で考える力を養うということ。
そのために、どうしてそう思ったのかを伝える「話す力」と
子ども同士で話しあわせるなどして「聞く力」を養わせることが大切なんだそう。
考え方のプロセスにおかしいところがないかを大人は気にかけ
正しい方向に導いてあげる。ということです。

具体的な指導方法はgaccoでも紹介されていますが
それがまさにこぐま会のことで・・・
閲覧していると説明会気分になってくるのです(^_^;)
自宅で実践するのはちょっと面倒だな・・・と思うけど
良い指導だと思いますよ。

スポンサーリンク

教育ママにはなりたくないけど・・・

ひと昔前に、お受験戦争なんてものがあって
そのせいで「教育ママ」なんて言葉もうまれましたよね。
スネオのお母さんみたいなイメージ。
あれにはなりたくないなぁ、と子どもながらに思っていたのだけど
でも子どもには一番良いものを与えたいという
親心がようやく分かるようになってきたこの頃です。

塾や習い事だらけの生活にはしたくないと思いつつも
いろんな経験はさせてあげたいので悩ましいところですよね。
自分で勉強する分には、子どもにも迷惑はかからないと思うので
ひとまず、幼児教育についての勉強は進めてみるけれど
実際に、チビヒメにどんな教育をしていくかは
本人の興味をみながら一緒に試していこうかなと思っています。

そんなわけでgaccoの後半講義も楽しみです。

スポンサーリンク
関連キーワード