引き続き学資保険悩んでます・・・
そこで、ちょっと考え方の角度を変えて!
年末の確定申告で使える保険料の控除。
学資保険が適用されるか調べてみました。

学資保険は一般生命保険の控除枠で適用

そもそも生命保険料の控除ですが
加入している保険の種類ごとに控除上限が設けられていて
それぞれ最大控除を受けると12万円まで控除が受けられるようです。
その内訳は・・・

一般生命保険料控除(最大4万円)
介護医療保険料控除(最大4万円)
個人年金保険料控除(最大4万円)

となっています。
で、学資保険はどれになるのかというと、

一般生命保険料控除(養老保険・学資保険・終身保険)
介護医療保険料控除(医療保険・がん保険・無配当疾病入院特約)
個人年金保険料控除(定期年金保険)

なので、一般生命保険料の枠になります。

ということは、保険料控除のことを考えるなら
今入っている養老保険・終身保険をチェックです!

学資保険、いくらの掛け金なら損なし?

今、夫婦で入っている保険を見直しました。
夫は既に養老保険と終身保険で年間8万円以上かけてました。
ということは、学資保険のための控除枠ナシです。

次に私の保険ですが、昔入った医療保険のみで
終身や養老などは入ってません。
ただし古いので旧制度の控除枠になり・・・
結局一般生命保険(学資保険と同じ)枠になってしまいます・・・

第一生命さんのサイトにすごく便利な計算ツールがあります。
http://www.dai-ichi-life.co.jp/examine/deduction/tool/

このツールで試しに計算してみましたが・・・
損をしない控除枠、学資保険の掛け金は
なんと!13000円/年 でした!

こんな掛け金の学資保険なんて無いですよねー
さすがに・・・ トホホ

スポンサーリンク

希望の掛け金で入れる保険を探す

今、加入している医療保険が数年後には切れるので
そのタイミングにでも医療保険と合わせて検討してみます。
HPの情報ではかなり限られた情報しか開示されてませんので
改めて資料請求をしつつ、情報収集してみます。

新制度の保険料控除を計算する場合、
今契約している保険によって、控除枠を計算しないといけないんですが
特約だけは別枠で計算したり・・・とちょっとややこしい。

そもそも、今入っている保険がベストかどうか
なんて検証まで始めると、終わりなき戦いになりそうです。

出産して落ち着いたら、専門家に相談してみるのもいいかなぁと
思っている今日このごろでした。

相談窓口なら・・・
保険見直し本舗とか、もこみち窓口のほけんの窓口とかをCMで
よく見ますけど・・・お店まで行かないといけないのがちょっとねぇ
予定日近いしお腹も重くてあんまり遠出したくない・・・

ネットでよく見かけるのは「保険マンモス
自宅もしくは自宅付近の指定場所に来てくれるらしいから
家の近所のコメダとかでもいいわけですよね・・・
ちょっと試してみたいですね。
保険の無料相談なら保険マンモス

スポンサーリンク