卒乳して半年ほどたちます。

予想外に卒乳はスムーズにできたものの、この半年間悩みのタネとなっているものがあります。

それはチビヒメの便秘です。

とにかく便秘が続いているのです。

病院に通いお薬を処方してもらったこともありますが、とにかく治らない。

そんな中、下剤並みの効果を発揮するものに出会ってしまいました。

はと麦茶で驚きの便通!

まだ1歳の幼い体です。できるだけ薬に頼らずに便秘を解消させてあげたいという気持ちがありました。

そこで、図書館に通いつめ「食養生」に関する本を読みました。

そこに「はと麦茶」が便秘に効くと書いてあり、半信半疑で買ってみることにしました。

はと麦茶はノンカフェインなので、普段飲んでいる麦茶をはと麦茶に変えるだけです。

とりあえず近所のスーパーで売っていたのはこのメーカーのものでした。

これがもう、効果てきめん!

お茶を麦茶から変えた次の日から便通がとっても良いのです。

今飲んでいるものは福岡県産のもののようですが、原産地は特に効果に関係ないようです。

どちらを飲んでも便通はばっちりでした。

大人にも効果がありすぎた「はと麦茶」

夫が、はと麦茶以外のお茶が飲みたいと言い出しました。

どうやら、はと麦茶を飲むようになってからお腹が緩くなりすぎるのだそうです。

そこで、大人用のお茶とチビヒメ用のはと麦茶の2種類を沸かすことになりました。

かくいう私も、このところお腹がゆるくなりすぎていました。

確信はなかったのですが、はと麦茶の効果だと気付かされました。

ちなみに、便秘がちな母が遊びに来たので、コップ1杯のはと麦茶をふるまいました。

帰宅後、すごく便通がよくなったそうです。

その効果に驚いて、母もスーパーではと麦茶を買って飲み始めたそうです。

はと麦茶の効果は偉大です。

新たな問題:保育園通いで便秘再発問題

さて、今月から保育園に通い始めたチビヒメですが、またまた便秘に悩まされ始めてます。

最初のうちは、慣れない環境でのストレスかと思っていたのですが、ある事実に気づきました。

 

保育園では、はと麦茶が飲めない

 

そうです。

これまで、家庭育児だったので四六時中、はと麦茶を飲めていたのですが、保育園に通っている間の水分補給は普通のお茶なのです。

つまり、はと麦茶を飲めないから便秘に逆戻りです。

これは困りました。

水筒に入れて持たすわけにもいかないし・・・

はと麦茶はよく効くと思うのですが、どう改善すべきか新しい課題です。

画期的なアイデアが思いついたらまたレポします(;_;)

スポンサーリンク