防災の日に見直す非常食の備蓄

9月1日は防災の日ですね。学校や児童館でも防災訓練があったり、防災意識が高まる日です。

子どもが産まれてから、もしもの時への備えへの危機感は高まっているのですが、増え続ける子ども用品と格闘するばかりで、なかなか非常用品にまで気が回りません。

そんなわが家でも、年に一度くらいはと重い腰を上げて考えてみることにしました。持ち出し袋は改めて精査しないといけませんが、手軽に準備できる非常食くらいは準備をはじめてみます。

非常持出袋

非常食の備蓄でおさえたいポイント

非常食の備蓄量

備蓄をしておく食料の量は、各自治体の復旧見込みにもよりますが内閣府の防災ページによると、

  • 持ち出し袋に3日分の水と食料
  • 自宅に1~2週間の水と食料

が目安として示されています。すぐに避難所へ持ち出すのは3日分で、自宅へ戻れてからも1~2週間はもつように準備をすることが良いということですね。1~2週間の備蓄ってなかなかの量ですが、こどものご飯だけでも確保はしておきたいですね。

名古屋市の場合、水は最大3日で復興する見込みだそうです。そのため、水は3日分備蓄を推奨されています。その場合も、1人1日3リットル目安ということで3人家族でもなかなかの量ですね。

非常食に向いている食品

非常食といえば、缶詰や乾物が便利です。最近は缶つまなどの美味しい缶詰がたくさんあるので、家族の好きな缶詰を選んで集めておいてもいいですね。

子どものご飯は、ベビーフードを買い集めておいても良いし、おかゆやひじきなどのパウチを使って離乳食を与えることもできますよ。

昔は、非常食といえば「カンパン」というイメージでしたが、今は日持ちもする美味しい食べ物もたくさんあります。災害時には普段より食欲が落ちて栄養を取りづらくなることもあるので、できるだけ好きなもので集めておきましょう。


ナビスコ リッツS

ロハコでもお菓子の売り上げランキング上位にナビスコリッツが入っていますが、クチコミを読んでいると非常食として定期的に買いだめしている方がいるようでした。良いアイデアだなと思って真似してます(。・_・。)

あると便利な道具

食べ物以外であると便利なものがあります。

  • ジップロック(袋)
  • ラップ
  • シャトルシェフ

うちにある便利なものです。ジップロックはビニール袋でも良いです。子どもができてからお料理のフリージングが増えたので重宝しているジップロックですが、袋内で調理をしたり、手ぶくろ代わりに使ったり、食器代わりにしたりと災害時には大活用できます。ラップもお皿に敷いて使うだけで、食器を洗わずに使いまわせる便利アイテムです。

普段から使っている消耗品なので、少し多めにストックしておくことを心がけるだけで防災につながるので簡単に始められますね。

それからわが家にはシャトルシェフがありますが、こういった保温機能を使って調理できるグッズがあると災害時には助かりますね。魔法瓶などのスープジャーなんかもあると役立ちそうです。

スポンサーリンク

もしもの時こそ冷静に

もしも災害がおきて、避難生活を送るような緊急事態でも、わが家の食べ物のことについては私が責任を担うんだろうなぁとぼんやり思っています。

結局のところ夫はチビヒメの食事のことをほとんどわかっていないし、冷蔵庫の中身や備蓄食品について把握していません。だから、もしもの時には、最後の買い出しがいつで、今自宅に何日分の生鮮食品が残っているか・・・などの情報を整理して活用できるのは、やっぱり私だけだと思います。

だからこそもしもの時は冷静に、状況判断(生鮮食品の在庫確認)をして、備蓄食料があればその量も確認した上で、計画的に食べる方法などを考えないといけませんね(主婦スキルが試されそうです(^_^;)

ちなみに停電になってしまったとき、冷蔵庫のものは冷凍庫にうつすと少しだけ冷えが長持ちしますよ。

先輩ママって実は意外とお料理してなかった?!

野菜

もう、毎日のごはんや買い出しに悩まない!
考えないお料理の強い味方「食材宅配サービス」
まだ試してないママ必見です(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ベビーリング

今、ママたちの間で超話題!知ってますか?

10人中7人のママが買いたい!と思ってる「ベビーリング」
まだチェックしてない人は必見です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子どもの可能性を広げるために、パパママがしてあげられること
おもちゃ 知育 子ども
乳幼児期に子どもの能力を引き出すには
家庭での過ごし方がとっても重要!
親子が密接に過ごせる今この時期に親がしてあげられることは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓