チビヒメ1歳4ヶ月ですがただいま保活真っ只中です。

ですが、正直すでに保育園は諦め気味です。

なんといっても自宅周辺の保育園の選択肢が少ない上に、空いていないからです。

 

そんな中、幼稚園入園(延長保育利用で仕事復帰)も視野に入れて情報収集を進めています。

私の地元の田舎なら、学区に一つずつ幼稚園と保育園がある程度で、その学区内に住む子どもたちは家庭の事情に合わせて保育園か幼稚園かを選ぶ程度でした。

選択肢がないから迷うこともなかったのですが・・・いくつか選べると悩んじゃいますね。

 

それにしても調べれば調べるほどに理想の園が無いのです(^_^;)

自宅周辺で選べる幼稚園と保育園の特徴

今のところ聞き込みで判明した特徴をまとめてみます。

公立保育園

  • 0歳から受け入れ可能(ただし空いていない)
  • 3歳から受け入れ枠が増えるかは要確認
  • 給食は給食室で調理
  • おやつも出る
  • イベントや教育面は最低限
  • 制服はあったりなかったり

私立保育園

  • 0歳から受け入れ可能(ただし空いていない)
  • 3歳からの受け入れ枠は増えない
  • 給食は給食室で調理するところと、他所からの宅配の場合あり
  • おやつも出る
  • 教育面は幼稚園並みのところも多数
  • 3歳から制服ありのところが多め
  • 我が家の場合、近所に選択肢が少ない(通勤路から大幅に外れる)

認可外施設

  • 0歳から受け入れ可能(だいたい空いてる)
  • 保育料が高い
  • 食事は出たり持ち込みだったりバラバラ
  • お金さえ払えば送迎なども頼めることもある
  • 園により教育にも力を入れている

公立幼稚園

  • 3歳から受け入れ可能(だいたい入れる)
  • 給食がない(給食室がない)
  • 延長保育時のおやつは市販の乾き物が多い
  • 保護者の活動(父母会やPTA)の負担が大きい
  • 授業料が安い

私立幼稚園

  • 3歳から受け入れ可能(人気園は抽選
  • 給食は園により異なる(給食室があるところもあればお弁当のところもある)
  • 園により保護者の活動の負担具合が違う
  • 教育面の内容も園により大きく違う
  • 授業料も園により大きく違う
  • 通園バスがある場合、遠方の園でも通いやすい

 

とにかく、どの施設も一長一短なのです(^_^;)条件だけ見ていくと、認可の私立保育園が一番良いように感じますが・・・保育園はバスがないので、自宅周辺もしくは通勤に不便でない園に選択が限られてきます。

その結果、選択肢がかなり少なくなってしまうのです。その上、今現在空きがゼロなので、そもそも選べないわけです。

理想の保育園像

理想の保育園像はありきたりですが、自分が通い育った保育園です。田舎の認可保育園ですが、教育内容は現在情報収集している名古屋の私立園に30年近くたった今も勝るとも劣らずなのです。

  • 自園調理の給食(おやつも手作り)
  • 制服あり(毎年集合写真を撮る)
  • 夏はプールあり(ビニールプールでの水遊びではなくしっかりしたプール)
  • 遠足・運動会・生活発表会・参観日などの子どもが楽しみにする保護者参加行事がある
  • 子どもが憧れる行事がある(年長さんだけ参加できる鼓笛隊など)
  • お泊り保育あり

これで認可保育園なのです。田舎だからできるのかもしれませんが、このレベルの認可保育は名古屋には存在していません。

それにしても土地の問題で実現できないのはプールや運動会くらいじゃないでしょうか・・・あ、発表会をするような場所も狭くて無いかもしれませんね・・・う~ん。

私が感じた近所の認可保育園の場合は、「お仕事をする保護者の方を応援します」という姿勢が全面で、保護者参加型のイベントはすべて削ぎ落とされ・・・遠足も保育者が連れて行くので保護者は結構ですという状態です。もちろん集合写真もなく、卒園アルバムはほぼ最後の1年のもののみになるそうで、長期間預けたわが子の思い出は、ほとんど残りません。これって寂しくないですか?

スポンサーリンク

幼稚園に預けながらの仕事復帰で気になること

ここで、選択肢にあがってくるのが幼稚園。幼稚園は私の求めているような教育面やイベント面がそこそこ充実しています。(といっても、さきほどの理想の保育園よりも教育面が薄い園もありますが・・・)

最近は働くお母さんが増えたので、幼稚園に預けながら延長保育を利用して仕事復帰している方もいます。そこで、そのプランもシミュレーションしてみたのですがいくつか気になるところがあるのです。

延長保育を利用すると帰りは園バスが使えない

延長保育で、時短勤務くらいはできる場合もありますが、園バスでの送りが利用できない場合が多いです。そうすると仕事終わりに園まで迎えに行かないといけないので、園の立地を考慮して選ぶ必要があります。

延長保育に限らず、急な発熱などのお迎えでも一緒ですけどね(^_^;)

延長保育を利用して提供されるおやつは乾き物

長時間保育を前提としている保育園では、手作りおやつが提供されることが多いです。(そもそも、おやつ代も保育料に含まれていたり基本徴収だったりします)

ところが幼稚園の場合は13~14時台に退園することが基本となっているので、延長保育児へのおやつはオマケ程度となります。市販のおせんべいなどが多くなってしまいますね。たまにならいいですが、毎日だと思うと・・・

保護者負担は保育園より重い

公立と私立で大きく違いますが、公立の幼稚園は保護者の負担がとても大きいです。毎日手作りのお弁当に車以外での送迎など・・・通常のお世話も大変ではありますが、保護者会が多かったり、園内の清掃を保護者でしたり、図書委員などの保護者の仕事があったり、平日の園内イベントの運営スタッフは保護者だったりと、保護者たちで運営しているかのような負担感はあります。

逆に、園と密接に接することができるので、先生と深いコミニュケーションがとれたり、子どもの様子が見れるという利点もありますが、働きながらだと思うとちょっと大変ですよね。

長期休暇対策が必要

どんなに良い幼稚園でも長期休暇だけは避けられません。特に夏休みをどうするかは大問題です。

延長保育の夏季版もありますが、保育時間が短かったり夏季保育も8月は1ヶ月おやすみする園もあるので、認可外施設との併用や、仕事を夏休みするなどの対応が必要になります。保育園並みに預かってくれる園もあるのかもしれませんが、あくまで仮の預かり扱いになるので、平常時に比べると「お世話だけしている感」は強いです。それがいいのかどうかは悩むところです。

 

正社員で働くママにはやっぱり保育園がベター

いろいろ考えてみるとやっぱり、保育園が働きながら預けるには条件面がそろっているなぁと改めて気づきました。それで、問題としては一周回って「やっぱり保育園の枠が足りない」に落ち着くんですねぇ・・・

もしも幼稚園に預けながら仕事復帰をするのなら、私立で保護者負担の少ないところにしたとしても「パートタイム」復帰ぐらいが限界なのかなぁと感じました。難しいですね・・・。

すでに来年4月で保育園の申請は出していますが、2月まで結果がわからないのは不安と不便といろいろありますね。なんでこんなに間際まで結果が出ないんでしょうか。他の対策もうちにくいし・・・困ったもんです。

ベビーリング

今、ママたちの間で超話題!知ってますか?

10人中7人のママが買いたい!と思ってる「ベビーリング」
まだチェックしてない人は必見です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先輩ママって実は意外とお料理してなかった?!

野菜

もう、毎日のごはんや買い出しに悩まない!
考えないお料理の強い味方「食材宅配サービス」
まだ試してないママ必見です(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
子どもの可能性を広げるために、パパママがしてあげられること
おもちゃ 知育 子ども
乳幼児期に子どもの能力を引き出すには
家庭での過ごし方がとっても重要!
親子が密接に過ごせる今この時期に親がしてあげられることは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓