つい先日夏休みが終わったかと思ったら、すぐにシルバーウィークですね!みなさん旅行に出かけたり、帰省をしたりと長距離でのお出かけも増えることと思います。

そのとき、ふと思うのは、子連れの移動って大丈夫だろうか?ということ。里帰り出産や、産後里帰りなどで、すでに長距離移動の経験者もいるかもしれませんが、月齢が変わると勝手も変わるもの。

そんな中、移動手段別の快適ポイントをいろいろリサーチしたのでまとめておきたいと思います。

 

車移動編

動くリビングルームことマイカーは、大きな声や泣き声などを、周りの方に気を配らなくて済むので気楽ですね。子連れ移動だと車が一番楽という言葉をよく聞きます。その一方で、公共交通機関と違い、ベビーシートやチャイルドシートなどの座席に固定されたまま走行するので、退屈になりやすくもあります。

走行ルートと休憩場所の確認

いまは、カーナビ一つでどこまでもいけるので、移動前の予習をすることはあまりありませんが、ざっくりと地図を見て予習をしておくと安心です。

予習の際に気をつけたいのが、休憩をどのタイミングでどこでとるのかということ。おむつ交換や授乳室のチェックをします。長距離移動の場合は、大人の昼食をどこでとるかも予定しておいたほうが良いでしょう。さらに、歩き回れるお子さんの場合は、遊具付きのSAなどもあるので、遊ばせる時間もみておいたほうがいいですね。体力を消耗すると、車の中でほどよくお昼寝してくれるので助かりますよ。

渋滞対策

予定を立てていても、渋滞に巻き込まれて予定通りに行かないことも・・・。そんな時に備えて、利尿作用の高い飲み物を避けておくのも一つの作戦です。

カフェイン入りの飲み物は利尿作用が高いので、コーヒー・紅茶・緑茶などは避けて、水や麦茶などを飲むようにすると安心です。

退屈解消グッズを用意

準備万端で体調良好でも、退屈だとグズってしまいますね。普段からお気に入りの音楽や動画、おもちゃなどを用意しておいて、グズっても機嫌が治るように、ゴキゲンアイテムをいくつか用意していきます。

移動時に限らず、旅行先や帰省先での退屈解消にも使えるので荷物に余裕があれば、いろんな種類のものを用意しておくといいですね。

電車移動編

車移動と違い、走行中に立ったり座ったりと動くことができたり、窓からの景色を眺めて退屈しづらくなります。ですが、公共交通機関なので他のお客さんへ気を配らなくてはいけないことも多く、気疲れしそうです。

朝寝や昼寝の時間を狙う

毎日の生活リズムで、朝寝や昼寝のタイミングがあると思います。ちょうどそのタイミングで乗車できればベストです!電車のダイヤを確認して、できるだけ合わせておくといいですね。

指定席は一番前か後ろ

指定席がとれる場合は、列車の最前列か最後列がおすすめ。最前列は少しスペースが広めなのと、最後列は座席の後ろにベビーカーなどの荷物が起きやすいです。指定席は窓口でしか対応していない場合があるので、手間ですが窓口で事前に手配しておきましょう。

おもちゃは音の出ないもの

車と違い、公共交通機関なのでおもちゃは音の出ないものを選ぶのがマナー。絵本やぬいぐるみなど、静かに遊べるおもちゃを持参します。スマホでの動画閲覧も音声無しで楽しめるのであれば見せるのもいいですね。

スポンサーリンク

飛行機移動編

飛行機も電車移動と同じく公共交通機関。他のお客さんへの気遣いが必要なのはもちろんですが、電車に比べると本数が少ないので、生活リズムに合わせての移動が難しくなります。少しでもゴキゲンのまま移動できるようにしたいですね。

早め早めの移動

子連れの場合、オムツ替えや授乳、突然のぐずりなど、思うように進まないことも多々あります。搭乗時間には余裕をもって空港へ移動しておきましょう。空港にはキッズスペースなど、搭乗時間まで遊べるスペースもあるので、早めに着きすぎても安心です。遅れるよりは早め早めの行動を。

耳抜きアイテムがあると便利

大人でも離陸の際に耳が痛くなることがあります。赤ちゃんも耳が痛くなったらぐずりの原因になりますね。離陸時に、授乳をしたり、アメをなめさせるなどで耳抜きができて緩和されます。月齢にあった耳抜きアイテムを用意しておきます。

ベビーカーは手荷物として預けられる

移動先で使う予定のベビーカーは、手荷物として預けることができます。預けた後は、航空会社のベビーカーや空港のベビーカートなどを使って赤ちゃんを乗せて移動することができます。

ただ、現地でベビーカーの使用頻度が低めで、車移動などが多い場合は、現地でベビーカーをレンタルしたほうがラクな場合もあります。特に海外旅行の場合は、現地でバギーを借りる方も多いので、一度リサーチしておくといいでしょう。

その他のポイント

荷物はあらかじめ送っておくと便利

移動中に利用しないものなどを、事前に宅配便などで送っておくと移動中は身軽になるので便利です。おむつやベビーフード・ミルクなどの消耗品は、通販で実家宛やホテル宛に送ってしまえば送料も浮きますよ。

着替えとタオルは取り出しやすい場所にあると便利

飲み物や食べ物をこぼして、お洋服がずぶ濡れなんてことが起きたら!荷物の中から着替えを探して・・・と大騒動です。そんな時のために、着替えとタオルと、ビニール袋の一式を取り出しやすい場所に用意しておくと安心です。チビヒメもたまに、わざと口からお茶をこぼす遊びをすることがあるので着替えは必須です(^_^;)

 

書き出してみると当たり前の事ばかりのようですが・・・いざ準備する頃には忘れがちなことです。移動前に見返して、良いお出かけにしたいですね。(*^_^*)

スポンサーリンク