子どもの隠れた才能の伸ばし方【育児本読書記】

子育てって正解のないことなので悩みだしたら底なし沼のようですよね。

今日は、塾講師の河原利彦さんが書いた「子どもの隠れた才能の伸ばし方」という本を読んでみました。

 

タイトルに「お母さんにしかできない」とフキダシがついていますが、

お父さんにだって、おばあちゃんおじいちゃんにだってできる内容でした。

言い換えれば「家族にしかできない」内容です。

塾講師目線での子育てノウハウ本

鉛筆 勉強

塾講師経験から気づいた子育ての極意を凝縮

著者の河原さんは塾講師の方です。

勉強を教えるプロ。

言い換えれば受験のプロとも言えます。

 

ここは学校の先生と塾講師の違うところですよね。

そんな塾講師の経験から、

  • たくさんの親御さんとコミュニケーション
  • 生徒(子ども)を見てきた経験
  • 自身の子育て経験

 

も踏まえて書かれた1冊です。

 

これまでにも著作はあるようですが、私が読んだのはこの本が初めてです。

前の本のほうが受験的な内容に特化していたようですが、

この本は子育て全般のことが書かれています。

勉強したくなる環境づくりが大切

育児本を読んでいると、どんな本にもだいたい子どもの育つ環境について書かれています。

河原さんは塾講師でありながら、お子さんには積極的に「勉強」は教えなかったそうです。

それよりも「勉強したくなる環境づくり」に全力を注いだそうです。

 

前に読んだ早期教育の本もそうですけど、

教育熱心な家庭って結局のところ、この環境づくりに熱心になるんですよね。

で、その環境づくりがなかなか難しいというのが私の中での結論です。

 

これまで読んだ本でも、別に幼児教室などに通わなくても

小さいうちはいろいろと経験させることで大丈夫とありますが、

親が子にさせてあげられる経験が少なくないか?

偏ってないか?

と不安で世の親は幼児教室に通わせるのだと思います。

 

別にお金をかけたから子どもがよくなるなんて安直な発想ではなく、

より良い経験をさせてやりたいという親の切なる思いの結果なんですよね。

難しいですね子育てって。

理想を押し付けるのは良くない

さて、ここで親の意識問題につながります。

みんな、子供の幸せを望むことには違いないのですが、そこにたどり着くまでの手段の選び方は親次第です。

河原さんが指摘していたのは、親の理想を押し付けると良くないということでした。

 

これもいろいろな本で見かけるNG行動なのですが、

本当の意味で「子どものため」ではなく、無意識のうちに親の理想を押し付けてしまっている場合がありますね。

 

一番わかりやすいのは子どものためと言いつつ

親が安心するために職業を指定する(コントロールする)ことです。

何かを「子どものため」とする前に、

「あれ?これって自分のためにしてないか?」

と一度、客観的に見つめるゆとりが必要かもしれません。

良い叱り方褒め方

一番知りたい内容ですが、ちょっとむずかしいですね・・・

 

この本の中には矛盾?があって・・・

コンフォートゾーンのレベルについての話があります。

 

自分の評価が高いことに気持ちが良くなるように、テストの点が低かったときには

「あなたは30点の子じゃないよね、50点は取れる子だと想うよ」

と親は評価をしている姿勢をみせたほうが良いと書いてあるんですね。

つまり、30点をとったことが気持ち悪いという意識を与えるのです。

 

だけど逆にスタンフォード大のキャロル・S・ドゥエック心理学教授の例では

頭の良さを褒められた子どもは、その後難しい問題を解くことにフラストレーションを覚えて、

いずれ自己評価が下がり成績も落ちるとあります。

(この褒め方の章では、頭の良さではなく努力を褒めたほうがよいと締めくくられています)

 

ということは・・・

 

  • 自己評価を高めさせる・・・あなたは頭が良い子だよと言う
  • 成績を伸ばしたい・・・頭の良さではなく努力を褒める

 

ということなんですけど、両方実行するのって難しくないですか?

 

コンフォートゾーンをテストの点数80点台にキープさせるように、

80点未満のときには「今回はたまたま悪かったね?いつもは80点以上なのにね」なんて言い続けていたら、

スタンフォード大の実験結果からすれば「頭が良い」と褒められたグループの子たちと同じように成績が下がりそうなものだと思うのですが・・・・?

謎です。

 

プレママ&ママ向けのおすすめ本を紹介

妊娠がわかってから、ネットで調べる以外にも

プレママが知っておきたい情報

子育てする上で知っておきたい心構え

育脳のための脳科学本など・・・

たくさんの本を読んできました。

 

そんな私がプレママや子育て中のママに

おすすめのガイドブックや育児本を紹介しています。

詳しくは ↓ をクリック

スポンサーリンク

とにかく子どもをよく見ることが親の仕事

結局、まとめてみるとこういうことなんだと思います。

 

  • 早寝早起き
  • 3食しっかりと栄養バランスの整った食事
  • テレビやゲームは一日1時間以内(だらだらつけっぱなしにしない)
  • 子どもが興味を持ったことには一緒になってとことん追求
  • 手を出さないで見守り、手を貸す

 

褒め方叱り方や、宿題を自主的にさせるなどの

細かいテクニックは本を読んでもらって納得できれば使えばいいと思います。

 

しかし、こちらもこの本に書かれていたことですが

「育児の成功例を真似してもそれがわが子にも当てはまるとは限りません」

この一言がすべてを物語っているような気がします。

 

それでも育児書を読むのは、読むことで自己啓発につながって意識が高まるからかもしれません。

要は自己満足と言うか、娯楽ですかね(^_^;)

 

1歳3ヶ月のチビヒメですが、生活習慣は日々の積み重ねなのでしっかりと続けていきたいと思います。

ラジオ体操も一緒にしたいですね(*^_^*)

ベビーリング

今、ママたちの間で超話題!知ってますか?

10人中7人のママが買いたい!と思ってる「ベビーリング」
まだチェックしてない人は必見です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先輩ママって実は意外とお料理してなかった?!

野菜

もう、毎日のごはんや買い出しに悩まない!
考えないお料理の強い味方「食材宅配サービス」
まだ試してないママ必見です(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
子どもの可能性を広げるために、パパママがしてあげられること
おもちゃ 知育 子ども
乳幼児期に子どもの能力を引き出すには
家庭での過ごし方がとっても重要!
親子が密接に過ごせる今この時期に親がしてあげられることは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓