赤ちゃん

31日夜のNHKスペシャル見ましたか?
「ママたちが非常事態!?
~最新科学で迫るニッポンの子育て~ 」
というタイトルで、予告CMを見て気になっていました。
産後のテレビは、ほぼ録画してみているので
昨日ようやく見ることができました。

放送内容は脳科学がメイン

予告動画でも脳の映像が使われてますけど
脳科学に重点を置いた内容になっていました。
トピックスごとに感想です。

母親が孤独を感じやすい&産後うつなど

これは、母親教室や退院指導でもある程度習っていたことだけど
急激なホルモン変化で、産後は情緒不安定になるんですよね。
「エストロゲン」というホルモンが減るから・・・だそうです。
そもそも人類は、子育てを共同体で行うもので
母親が一人で育てるのはここ100年位の浅い歴史。
だから、体や脳のメカニズムが共同体で育てていた頃のままだから
ひとりで育てていると不安にかられたりするのです。

という内容だったわけですが・・・
ちなみに、諸外国で母親がつらい思いをしている国は少なく
海外だと、父親の育児参加も多いしベビーシッターの活用も多く
共同体で育てていることに近い環境が保てているよ。
というわけです。

ん~、これって
産後は子どもを預けて社会復帰しなされってことなのかしら?
なんだかなぁー

社会復帰=産後の精神衛生上良い(BY脳科学)

なんて言われてもなぁー
毎日、子どもの小さな成長を間近で見る幸せだってあるはずなのにね。

夜泣きのメカニズム

胎児は母体に負荷がかからないように夜型で生活している。
産後、そのリズムが残ってしまうので夜泣きが起こる。

思っていたのと違う・・・
チビヒメはまだ夜泣きをしませんが、
うわさに聞く生後半年をすぎると起きる夜泣き。
こっちの夜泣きが知りたかったのになぁー
産後すぐの夜泣きと半年からの夜泣きって質が違うと思うんだけど。
そちらのメカニズムは一体何なんでしょうね。

イヤイヤ期のメカニズム

前頭葉の発達が未熟なために、欲望をおさえることができない。
そのため、イヤイヤ期が起きてしまう。

結論としては「成長を待て」
なわけですよ。
まぁ、そうなんでしょうけど・・・
しかし、VTRで出てきたイヤイヤ期のお兄ちゃんが下の子を泣かせるシーン。
夫には見せられない(・・;)
あんなの見ちゃったらまた「ひとりっ子で十分、兄弟不要」
とか言い出しそう・・・
2人目妊娠へのネガキャンになるようなVTRだったよーぅ(;_;)

なぜ夫にイラ立つのか

こちらもホルモンの影響。
産後に出る「オキシトシン」の排他的性質が表に出た結果
育児に協力的でない夫は「外敵」とみなし、イラ立つのだそう。
実験VTRで、一日中のストレス値を計測していて
夫とのふれあいで唯一リラックスしていたのは
夫が育児に対してきちんと話を聞いて会話をしてくれた時間でした。

この番組で唯一、夫に見せたくなったコーナー 笑
これは全国の旦那さん、見るべきです。
そして奥様に優しくね (*^_^*)

いやまぁもちろん、仕事をがんばる=間接的に育児に協力になるんだけど
子どものお世話をする空間にふさわしくない存在としてみなされるんでしょうね。
具体的に育児の参加があればベストだけど、
それもない上に、仕事で疲れたーと言って
リビング占拠してテレビ見ながら、子どもが泣いてても放置なんてした日には
もう確実に「外敵」確定ですね。
それもこれもホルモンのせいですからご容赦ください
っていうのもかわいそうですけどね・・・実際仕事で疲れてるだろうし。

それでも、ホルモンの影響なんだなぁとお互いに理解できているだけでも
いくらか気が休まりそう
ですね。

ほんとうに、非常事態・・・なのか?

番組内容の非常事態は精神的な問題メイン

各家庭の事情にもよるかもしれませんが、
正直なところ、いちばんの非常事態は金銭面なんじゃないかと思います。

孤独解消にママ友イベント
→お金がないから参加できない

イヤイヤ期の子どもの相手・夫へのイラ立ち
→節約のための家事労働との両立がツライ

こういうことじゃないでしょうか・・・
今の世の中サービスは溢れかえっていて
金銭的な余裕があれば、高い保育料を払って仕事復帰もできるし
自分で子育てしたいなら、家事労働を外注して子育てに集中できるし
話し相手がほしければ、ママ友ができそうなイベントやおけいこに通うこともできる。
金銭面の問題があるから、なにごとも「両立」せざるを得ず
思うようにいかずにストレスがたまるんじゃないでしょうかね。

メカニズムは理解できたけど、その解消法って
「気の持ちよう」では無いような気がします。

非常事態なのは日本だけ?

番組冒頭で、海外と日本の子育ての違いを少しやってましたけど
産後に、女性に負担が重いのは日本だけってことでした。
たしかに、日本ではベビーシッターは一般的ではないし
イクメンも一時期ものすごくPRしていたけど
そこまで浸透している感じもないし、
最終的には女性の仕事というイメージは残ってますよね。
それでも、海外風の子育てが数年で浸透するとは思いません。

なんていうか、子育てって始めて見ると
自分の育った環境を再現しようとする傾向がありますよね。
自分が親にしてもらったことは、してあげたい、というような。
そうすると、今の子どもたちの子育ては20~40年前の子育ての進化版なわけで
A→A'くらいの変化なんですよね。
これがいきなり A→BとかA→Cみたいに大きな変化は難しいんじゃないかなー
海外風の子育てが浸透するのは私たちの子どもの世代くらいかなーなんて
素人考えで思っています。

その頃には、逆に母親がべったり子育てが良いとかいう
論文が出てたりするかもしれませんけどね。

NHKスペシャル再放送ありますよ

もしも見逃した方、今夜深夜に再放送ありますよ。
2月3日 0:10~0:59 です。
番組の概要もHPにあるので、興味をもたれたらぜひ~
ママたちが非常事態!?
~最新科学で迫るニッポンの子育て~
http://www.nhk.or.jp/special/mama/

スポンサーリンク