無事出産を終え、入院生活も終えました。

入院を終えてみて、実際に必要だったものと、使わなかったものをまとめておきます。

妊娠出産は人それぞれな上、同じ人でも1回目の出産と2回目の出産では違う場合もあります。

だから、必ずしもこれが正しい訳ではありませんが、参考の一つになれば嬉しいです。

用意していて良かった陣痛室グッズ

まず最初に私の陣痛体験ですが。

すでに陣痛がかなり進行した状態で入院しました。

病院で陣痛待ちはしなかったため、暇つぶし系のアイテムは不要でした。

既に激痛マックス状態での入院で必要だったものです。

出産入院に必要な書類関係一式

入院のタイミングで陣痛が辛かったので、スムーズに必要な書類を出せませんでした。

事前に、一つのファイルにまとめておいたおかげで、助産師さんが陣痛バックから抜いて準備してくれました。

 

  • わかりやすくまとめておく
  • わかりやすい場所に入れておく

かなり助かりますよ。

用意しておいて良かったです。

膝丈前開きパジャマ(1着でOK)

産院指定で用意したものですが・・・

3枚購入したけど、陣痛室では1枚で十分でした(^_^;)

入院と同時に使い捨ての入院着に着替えたので、産後に着せてもらう1着で十分ですね。

産まれたての赤ちゃんを撮影するカメラ

産後2時間は分娩台で休むことになります。

その間、生まれたての赤ちゃんとのファミリータイムを過ごします。

カメラでたくさん撮影をして時間を過ごしました。

無くてもいいですけど、一生に一度のことなので、記念に残る写真をたくさん残せて良かったです。

写真を撮るくらいしか、することがないんですけどね。

陣痛の合間や産後につまめる軽食・飲み物

これ実は、用意し忘れたんですけど、用意すれば良かったものです。

出産の時間帯にもよりますが・・

私の場合、食事も取れずに陣痛を耐え出産。

次の食事提供まで空腹で眠れませんでした。(。>﹏<。)

ぎこちない歩きのまま売店に買い出しに行くか本気で悩みましたし!

必要なかった陣痛室グッズ

陣痛の痛みを逃す「いきみ逃しグッズ」

ゴルフボールやテニスボール、バランスボールなどのいきみ逃し便利グッズ。

たくさんありますが、どれも不要でした。

基本的には産院で用意されていたので、たまに使いました。

でも、あんまり効果がなくて・・・

 

陣痛中は、腰をさすってもらうのが一番助かりました。

産後すぐに履くはずだった産褥ショーツ

結果論ですけど・・・生理用ショーツで十分ですね。

お産が軽かったこともあるかもしれませんけど、

マジックテープ部分が微妙に使いにくく

普通のサニタリーショーツのように脱ぎ着してました。

わざわざ買わなくてよかったです・・・

ちなみに陣痛中は使い捨ての産褥ショーツを

産後すぐはT字帯を産院が用意していました。

骨盤ベルト

産院指定だったんですけど・・・

産後すぐには使用しませんでした。

入院中に付け方指導をうけてつけてみましたが

入院中は寝ていることが多く、横になっていると

お腹のほうまで上がってきちゃうんですよね・・・

ガードルや腹巻きタイプのほうがズレずにつかえて良かったかもしれません。

スリッパ(入院中に必要)

入院グッズとしては必要ですけど陣痛室までは外履きで移動。

その後はほとんどベットの上だったので

まともに使ったのは産後でした。

陣痛室グッズとしてまとめておく必要はないかもです。

夏でもエアコンのおかげで不要だった汗ふきシート

夏だし・・・と思って用意したけど

これで汗をふくような余裕はまったく無かったです。

産後もすぐにシャワーOK出たので出番なしでした。

タオル

陣痛中に握ったり汗拭いたり、使えると口コミを読んでたので

お気に入りのタオルを持って行きました。

カバンからタオルを出す余裕すら無かったです。

入院中にシャワーで活用した程度です。

ペットボトル用ストロー

100均で買って持って行ったけどまったく役立たずでした。

なにせストローがハズレてペットボトル内で浮くんです。

で、うまく吸えない。

こぼしてもいいから、普通にラッパ飲みのほうが便利でした。

 

早めに入院して、のんびり陣痛を待つ場合は

不要だと思っていたグッズたちが生きたかもしれませんが

いろんな口コミで読んでシミュレーションしていたほど

のんびりとその時を待つ余裕は無かったですねー

スポンサーリンク