85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

チビヒメが産まれてまもなく3ヶ月です。
日々、生活する中で感じたことがあります。
それは・・・

( ・`д・´) 考えるな!行動しろ!

これです。

石橋叩いて渡らない慎重さはいらない

これまで、どちらかというと慎重派で
しかも、検証好きな性格の私。
妊婦時代は、お買い物一つにしても
これとあれ、どっちがいいだろう?
なんてのをネットで調べまくって
これがベストにたどり着くまで買えない性格でした。

つまりは何事も、決定が遅い。

まぁ、その分納得もいってるし
良いものを揃えた!もしくは良い選択をした!
と気分はいいんですけどね。

ただこれは新生児との生活では不要です。
というかそんな時間的余裕がなくなるのです。

考えている時間があるなら常に手を動かす。
AとBで迷うなら、ファーストインプレッションで決める。
ダメだと直感が働いたらやり直す。
そのほうが、どちらがベストかの検証をするより時間がかからない。
そう、気づいたわけです。

新生児期で鍛えられた時間感覚

妊婦時代でも、1時間毎にアラームをかけて
時間の感覚を意識しながら過ごしていました。
家に一日中いると、あっという間に時間って過ぎちゃいますしね。

それでも1時間だけのつもりの調べ物が
2時間過ぎ、3時間になってしまうことがザラにありました。

ところがですよ。
チビヒメが産まれてすぐの新生児期。
時間感覚を叩きこまれましたよ。

なにせ、新生児の授乳はまったなしです。
一度授乳をして眠りに落ちてくれたら
優先度の高い仕事から一気に片付けないといけません。
そして、チビヒメは健康優良児なのか、
かなり正確に3時間くらいでお腹を空かせる子でした。
つまり、自動的に3時間で作業をこなす。
と、同時に3時間で作業を切り上げる訓練につながったのです。

この時間に対する考え方や過ごし方の訓練は
新生児を相手にして手に入れた宝のひとつです。

妊娠前からの悩み、時間がいつだって足りない

いつもいつも時間が足りないが口癖でした。
でも、わかりましたよ。
時間が足りないんじゃないんです。
決定力が弱かっただけなんです。
今になればそう思います。

これからママになる方、そしてママになったばかりの方へ
赤ちゃんのお世話でこれまで以上に時間がなくなると焦るかもしれませんが
それは、決断・切替能力を高めるチャンスです。
今まで10分悩んでいたものを1分で決めるようになれば
9分も時間が余ってくるんです。
手が止まってるな・・・と自分に気づいたら
自分に対して、こう声がけしてます。

考えるな!行動しろ!

いつも自分への合言葉にして日々すごしてます。
大丈夫ですよ。
時間がないと思っているママたち。
妊娠中よりも、出産後のほうがいろんなことがスムーズに片付くようになりました。
唯一、解消できていない問題は、2人目をどうするかくらいなものです。

「即決・即行動」がんばりましょうネ

スポンサーリンク