チビヒメが保育園に通いはじめて、仕事を再開してから、なんだかイライラがとまりません。

とにかく自分でもびっくりするくらい短期になりました。

これまでなら、まぁいいかと放置しておけたようなこともすぐに大きな声で注意をしてしまう自分がいます。

何かがおかしい。これはダメだと思いました。

一度、家事や仕事の手を止めて、何がおかしいのか深呼吸する時間を作ってみました。

思うように結果が出せない自分にイラだつ

よくわからないけど、すごく焦っている自分がいました。

チビヒメを自分の手でお世話したいにも関わらず、保育園に預けてまで仕事をするということ。

つまりは、それなりの結果を出さなければいけないと、妙なプレッシャーがありました。

「子どもを他人に預けてまで働く=それなりに稼ぐ」

だと思うのですが、思うように仕事で結果を出せずにイライラを募らせていました。

でもよく考えると、イライラしたところで仕事のパフォーマンスはよくなりませんし、家族へ飛び火してもいい迷惑です。

仕事の時間以外は仕事のことを忘れるくらいの切り替える力が必要だなと思い至りました。

プライベートな時間にも仕事のことを考えるのは良くない

これまで、育休中は仕事のことがすっかり頭からない状態で日々を過ごしていました。

その頃はこんなストレスはなかったのです。あるとすれば、チビヒメの癇癪に時折悩む程度。

毎日の献立と、日々のチビヒメとの遊びや体験をどう予定するかを考えるだけのワクワクばかりの毎日でした。

そんな、ほんわかした家庭環境に私の仕事が侵食してきたわけです。

チビヒメや夫からすれば、勝手に不機嫌になった妻(母)状態で、困惑するのも当たり前です。

できることはひとつ。「家にいる時は仕事のことを忘れる」

これが一番シンプルな解決方法だと思いました。

夫が非協力的なことにイラだつ

毎日、家事以外の仕事がない生活だった頃は、ダラダラの夫を見ても平気でしたが、今は本気でイラ立ちます。

何にイラ立つかを書き始めるとキリがないのですが、もう少し家事を手伝ってほしいのは本音です。

今のところ夫の家事担当は、まとめておいたゴミをゴミ捨て場に移動させることのみです。

時間が無限大にあれば、仕事をしていても家事も完ぺきにこなして、さらには家族で遊ぶ時間もとれるのに・・・

と思うわけです。

にも関わらず、夫は「仕事で疲れたー」といって、帰宅後すぐにリラックスモード。

こちらは、家事を済ませるまでリラックスはオアズケにしているのに!とイラ立つわけです。

夫が家事を手伝わないなら、家事をもっと手抜きにすればいい

そこで気づいたのが、育休中に丁寧にこなしていた家事をミニマム化することです。

仕事をする=家事の時間は減るのが当たり前。

今以上に家事のミニマム化が必要だということに気づきました。

家事の手を抜くことで、夫に八つ当たりしないなら、夫も家事の手抜きのほうが迷わず選んでくれることでしょう。

スポンサーリンク

すごくがんばっているつもりなのにいつもと変わらずイラだつ

これまでの1日のタスクに「仕事」と言う名のそれなりにヘビーなタスクが毎日課せられるようになりました。

その上で、これまでの日常通りの家事とスキンシップをこなさなければと必死な毎日です。

しかも、足りない分を睡眠時間を削って補おうとして風邪をひき、我が家は全員風邪ひき状態に陥りました。

最悪の展開です。

つまり、私はいつもと同じ睡眠時間を確保して健康を保ちつつ、これまでどおりのタスクと新たな仕事をこなさなくてはいけないのです。

頭の中のやることリストがパンク寸前です。

そんな時に、のんきにスマホ片手にバラエティ番組を見ている夫にイライラです。

その横でチビヒメは危険な遊びを始めようとしているのに、夫は止めないし、私は家事の真っ最中なわけです。

そして、頭の片隅では仕事の能率をどうあげようかということまで考えているのです。

もう限界。

頭の中がパンクしそうな時はとにかく書いてスッキリする

かなり末期症状だったので、頭の中だけでは気持ちも悩みも整理がつきません。

そんな時は、頭に思いついたことを整理せずにそのまま紙に吐き出す方法が有効です。

仕事のこともチビヒメのことも、自分の将来のことも家事の悩みも、切らしている洗剤のことも・・・全部紙に箇条書します。

それで、かなり頭がスッキリします。

人は考えているだけで何かをしているのと同じだけの労力を使うのだそうです。

例えば、布団の中で朝食の献立を考えて調理の段取りをシミュレーションするだけで、調理をしているのと同じだけ疲れるのだそうです。

傍目には休んでいるように見えても、本人的にはすでに家事をしているのです。

頭の中を占めていたものを一旦紙の上に追い出すだけでも、きちんとした休養をとることができます。

休養の後に、紙の上に逃しておいた悩み事を一つずつ解決するほうが、頭の中だけで考え続けるよりも効率が良かったりするのです。

時間の見える化で頭の整理をしてスッキリ

妊娠して断捨離をしようとした時に整理収納コーディネーターの西口理恵子さんのブログを参考にしていました。

今も時折のぞいているのですが、タイムリーな記事の更新がありました。

「睡眠で7 : WORK&家事で10(家事=仕事と考えているため): 家族&自分で7」

と24時間の時間配分の目安を紹介していました。

これはなかなかの神配分です。

これまで、自分の家事に割いている時間が多すぎたなと反省しました。

そして、自分のための時間がなさ過ぎることも気になっていました。

この配分はまさに理想系。

  • 睡眠7時間
  • 仕事7時間

の14時間位はうまく保てそうですが

  • 家事3時間
  • 家族4時間
  • 自分3時間

の配分がぐちゃ~っとなりそうです。

明日にでもこの時間配分で生活できるかと言えば難しいかもしれませんが、

徐々にシフトしていって効率よく子どもとの時間も自分の時間も確保できるようにしていきたいです。

そうすれば、家事しながら仕事のことを考えつつチビヒメの相手をしてストレス爆発することは避けられそうです。

今は家族の時間だから遊ぶことに集中!と頭を切り替えられそうです。

ひとまず、最初の課題は1日3時間×5日で買いだしも含めた家事全般を終わらせるスケジューリングを考えてみます。

これがクリアできれば、理想の24時間に大きく前進できそうです。

 

スポンサーリンク