お世話人形ってなんとなく3歳からのイメージだったのですが、お誕生日のお祝いでいただくことになりました。

まだ早いかな?と思っていたのですが、思いの外、お気に入りのご様子で・・・

毎日、一緒にお布団で仲良く眠る日々です。

お世話人形はぽぽちゃん派とメルちゃん派にわかれる

お世話人形ってぽぽちゃんと同じくらいメルちゃんも人気がありますよね。

私自身が、ぽぽちゃんもメルちゃんも遊んだ記憶が無いので、どちらに対してもフラットな気持ちです。

ママによっては自分が使っていたお世話人形と同じものを使わせたいという人もいるかもしれませんね。

ぽぽちゃんとメルちゃんの違い

さらっとどう違うのかだけ比較しておきます。

ぽぽちゃん メルちゃん
 スタートセット

ぽぽちゃんデビューセット

おせわだいすきメルちゃん

 特徴
  • 横にすると目が閉じる
  • お肌が柔らかい素材
  • デザインはリアルな表情
  • お風呂のお湯で髪の色が変わる
  • 素材はかため
  • デザインはファッション人形に近い
人形バリエーション
  • お風呂対応タイプ
  • 髪の長いタイプ
  • お化粧のできるタイプ などがある
  •  髪の長いタイプ
  • お化粧のできるタイプ がある
 関連人形
  • 妹キャラクター「ちぃぽぽ」ちゃんがいる
  •  妹キャラクター「ねねちゃん」
  • お友達「ゆかちゃん」「れなちゃん」「あおくん」
  • ペット「いぬのポコちゃん」「ねこのミルクちゃん」 がいる

お世話道具は、お食事セットや洗濯セット、トイレ系などはどちらのお人形セットにも用意があります。

メルちゃんのほうが、お店屋さん系のバリエーションが豊富かな?

ただ、このあたりのオプションおもちゃは、ミックスしてしまっても子どもは気にしないと思います。

シリーズで揃えたぞ!と気合を入れるのは大人だけです。

リアルなお世話を求めるならぽぽちゃん


ぽぽちゃんは日本人の赤ちゃんをモデルに作られています。

リアルに「愛らしい」という感じです。

横にした時に目が閉じるのも、小憎い演出です。

裸にすると、乳首やおへそまで再現されています。

チビヒメは「おへそー!」といって嬉しそうに触っていました。

お風呂用ぽぽちゃんだと、「シャンプーするから目をつぶっててね」といって寝かしながら頭を洗えたりします。

さらにお風呂用ぽぽちゃんは、裸で遊ぶことを前提に「蒙古斑」までついています。

とにかくリアルさ追求ならぽぽちゃんですね。

おしゃれ人形として遊ぶならメルちゃん


ぽぽちゃんより見た目が華やかなメルちゃん。

お洋服の種類も豊富で、ファッション人形として遊ぶにはもってこい。

リカちゃんやバービー人形などの導入前に良いお人形ですね。

ぽぽちゃんよりも体のサイズも小さめなのも特徴。

リアルさを追求するぽぽちゃんと比較すると、あくまでも「お人形」という雰囲気があります。

目鼻立ちもリカちゃん人形に近いですね。

プリキュアとかが好きになりはじめたオシャレキッズにはメルちゃんが響きそうです。

ぽぽちゃんの抱っこ紐とベビーカーは人気アイテム

ぽぽちゃんを購入すると、もれなくお世話グッズのカタログ的チラシが同封されていました。

こんなにもバリエーションがあるのか!(追加支出見込みがあるのか!)とクラクラしました。

冷静に考えれば、専用おもちゃを買わずに代用できそうなものもたくさんあるので、全部揃える必要はなさそうです。

ただ、専用アイテムの中で1,2位を争う人気アイテムだけはチェックしておいても良さそうです。

一番人気のぽぽちゃん用抱っこ紐


我が家も購入しました抱っこ紐。

今の時期の子どもは、自分が経験したことの再現が楽しい時期なのです。

ほぼ毎日使っている抱っこ紐を自分も使いたくなるのは当然です。

抱っこ紐はマジックテープ仕様なので、他のおもちゃにくっつかないように気をつける必要があります。

まだ自分だけでの着脱は難しいようですが3歳くらいになったら自分で着脱もできそうです。

ショッピングカートやベビーカーはこの時期の人気アイテム


支援センターでもショッピングカートは奪い合いになる人気アイテム。

キドキドに行った時も台数の少ないベビーステラ用のベビーカーは人気です。

チビヒメも利用時間中ベビーカーからずっと離れませんでした。

2歳の誕生日に買うかどうか迷ったベビーカーです。

ネックは「場所をとる」ということ。

スペース問題さえクリアできれば我が家も購入したかったアイテムです。

スポンサーリンク

ぽぽちゃんと遊ビデオが無限ループの我が家

ぽぽちゃんの人形を購入した時に同梱されている特典DVDがあります。

その名も「ぽぽちゃんと遊ビデオ」。

VHS時代に名付けられた感が伝わってくるネーミングです。

内容は、ぽぽちゃんで遊ぶ女の子の映像が中心です。

実物大の着ぐるみぽぽちゃんが出てくるシーンもあり、大人目線では「面白いのだろうか」と思う場面も多々あります。

ところがチビヒメはこのDVDが大のお気に入り。

このDVDを見ながら「好き好きぽぽちゃん、ぎゅ~」といってぽぽちゃんを抱きしめている様子はたまりません(*^^*)

ぽぽちゃんと遊ビデオで学んだ良い点

※追加のおむつは別売

このDVDを見始めてから覚えたことがいくつかあります。

  • ぽぽちゃんのオムツ替えをするようになった
  • ご飯の時に「おいしいね」と言うようになった(DVDの真似)

オムツ替えをする遊びは教えた覚えがないのですが、勝手にはずしておしりを拭いてあげていました。

最初はよく(親を)見ているのだなと感心していたのですが、よくよく様子を見ているとDVDの真似でした。

よく覚えますね~

ご飯のときの「おいしいね」も一緒です。最初は保育園かな?と思ったのですが、言い方が完全にDVDのシーンと同じ。

しっかりと見ていますね。

ぽぽちゃんを我が家に迎えてから、遊び方がわからない様子だったチビヒメ。

DVDのおかげでよく遊ぶようになりました。

ぽぽちゃんと遊ビデオのいまいちなところ

このDVD、良い点ばかりではなく気になる部分もあります。

  • たくさんのぽぽちゃんグッズが出てくるので欲しがりそうで怖い
  • チビヒメが悪態をつく子どもの真似をしてしまう

DVD自体が販促ビデオのようなものなので、関連商品がたくさん出てきます。

まだよくわからない年ですが、そのうち「アレがほしい、コレがほしい」と言い出しそうでDVDを見せるのが怖いです。

それから、ぽぽちゃんが「しつけ」に役立ちますというPRのために、悪態をつく子どもがぽぽちゃんの力でトイレに行けたりお風呂に入れたりするシーンがあります。

それが悪態をついているシーンが面白いようでそこばかり真似するようになりました。

今は悪影響が強いので、あまり見せたく無いのが本音です。

ぽぽちゃんの公式動画はyoutubeでは見れない

ぽぽちゃんの遊ビデオ以外のぽぽちゃん公式動画はありません。

もちろん、DVDみたいな商品も販売されていません。

動いているぽぽちゃんは「遊ビデオ」を見るしかありません。

DVDは基本的にお風呂シリーズ以外のぽぽちゃんを買えばついてきます。

お風呂シリーズのぽぽちゃんだけを買って、「遊ビデオ」が欲しい場合にはヤフオクやメルカリで出品されているのでチェックしてみると良いですよ。

個人的には、DVDのついているシリーズのお人形を買っちゃったほうが良いと思いますが・・・

ぽぽちゃんを1ヶ月ほど遊んだ感想

最後に実際に遊ばせてみての感想です。

最初は距離をおいていたチビヒメも毎日ぽぽちゃんと遊ぶようになりました。

時には「ぽぽちゃんも!」といって無理やりクレヨンを持たせて一緒にお絵かきしようとする日も!

毎晩、眠るときにはぽぽちゃんを寝室に連れて行くのも恒例行事となりました。

ぽぽちゃんのお世話をやいている姿をみていると、

「これは確かに2人目妊娠時に買い与えるには申し分ないな」

と思いました。効果てきめんです。

兄弟の予定のある方はお子さんの男女の性別問わず、この時期にお世話人形デビューをしておくと良さそうですね。

スポンサーリンク