名古屋の保育園二次募集がまもなく締切となります。

悩んだ挙句、小規模保育園への申請を取り下げることにしました。

 

近所の保育園と言えば小規模保育園がほとんどです。

にも関わらず、その小規模保育園を取り下げるということはかなりの勇気が入りました。

それでもいろいろと葛藤したのですが、やはり取り下げることがいちばん得策だと感じたのです。

小規模保育園へ入園しても解決しない3歳保活問題

小規模保育園に入ってしまうと3歳で卒園してしまう

今、保育園不足を解消するために、いろんなところで建設されている施設が「小規模保育園」です。

前に、イオンの中に創設して話題になったのも小規模園だったと思います。

 

基本的に小規模園は3歳卒園なので、乳児が中心の園になります。

つまり、狭くても作りやすい園なので新規開園が増えているのです。

 

でも3歳卒園ですよ?小学校入学までにまだあと3年あります。

この空白の3年間をどうするっていうんでしょうか。

就学前までの年少~年長対応の保育園は増えていない

このところ新設されるのは小規模園ばかりです。

つまり、小規模園に入れることができて仕事復帰できたとしても3歳からの保活はまた狭き門に逆戻りなのです。

 

小規模保育園に内定が決まったにも関わらず、その翌日から保活をはじめるママたちがいるのはそのためです。

選んでいては仕事復帰が出来ないからと、とにかく小規模園に入れてはみたものの・・・というところが本音ではないでしょうか。

 

結局のところ、3歳になってしまったら行ける園は小規模ではない普通の保育園に絞られてしまうので、

最初から普通の保育園へ申請をしておいたのほうがいいのでは?という結論に達してしまったのです。

小規模保育園に入園してしまうと保活が不利になる現状

名古屋市の場合、卒園時にしか加点されない

保活の点数制って有名な話ですが、

名古屋市の場合は「育休からの復帰」と「認可外保育園に預けている」の状態からの申請では

同じ「+3」の加点対象となっています。

つまり

 

  • 現在育休中で保活中の人
  • 現在復職中で認可外に預けている人

 

が同じランクとして扱われるのです。

 

小規模保育園に預けてしまった場合、このランクの人たちより、3点低く扱われます。

もちろん、就業環境や親族の手助け状況などが同じ場合での比較です。

 

ただし、小規模保育園児にも加点のチャンスはあります。

それは小規模保育園を退園しなくてはならない卒園時です。

育休復帰や認可外保育の加点3点よりも高い、4点の加点が入ります。

 

小規模保育園を卒業してしまうと、預け先が無くなってしまうので大幅加点は納得がいきますが、

3歳になったら卒園しなくてはいけないとわかっているのだから、

卒園を待たずに普通の保育園へ転園申請を出したくなりますよね・・・

 

その場合、在園中は加点がつかないので他の申請者より不利になってしまうのです。

スポンサーリンク

望みの薄い保活をしながらでもできる保険活動

保活難民化しているにも関わらず、あえて申請園を減らして再申請しました。

そこで、保育園がダメだった場合の保険をかけておきました。

 

  • 最寄りの認可外への申し込み(結果が出次第の手続きで大丈夫なように枠確保)
  • 幼稚園のリサーチ

 

これで、我が家の方針としては保育園の申請を続けて、

いつでも保育園への転園を準備しておく。

さらにダメだった場合は・・

 

  • 4月から認可外で慣らし通園(育休延長します)
  • 8月のお誕生日から本格的に認可外通園、仕事復帰
  • 3歳から幼稚園

 

という流れになる予感です。

 

 

いろいろとリサーチをしましたが、やっぱり幼稚園はあくまで幼稚園。

働くお母さんにはあまり優しくありません。

 

でもいつまで申請を続けるかは悩ましいところですね。

とくに幼稚園入園後はチビヒメの気持ちを尊重して決めていきたいです。

スポンサーリンク