すごい過去形のタイトルなんですが、書類の山に埋もれていたみたいで、申込期限をとっくにすぎておりました。

楽天カード加入者向けのサービスのようで、無料の保険になります。

 

楽天カードが提供する無料の保険といえば、がん保険がありましたが、あちらは1年のみのサービス。

加入してから1年経ったので、今は楽天経由の保険には加入しておりません。

そんな中新しい保険の案内が届いていたのでした。

楽天カード「フリーケア・プログラム」の概要

楽天カードの会員の中から、一部の会員向けに加入の案内を送っている保険のようです。
夫も家族カードではない楽天カードを持っていますが、案内がきていません。

保険の内容は、「無料プラン(フリーケア・プログラム)」と「追加補償プラン」の2つの案内でした。

無料プラン

  • 保険料:無料
  • 補償期間:3年間まで(たぶん延長不可)
  • 補償内容:入院一時金3万円
  • 条件:本人のみ、交通事故などで5日間以上入院の場合

かなりシンプルな保険です。

楽天カードが保険料を負担してくれるので、加入者が負担するものは何もありません。

申し込みボタンを押すだけ。

その代わり補償はかなり薄めです。

交通事故などの事故入院5日以上の場合のみ、一時金として3万円支払われるだけです。

病気での入院の場合は支払対象ではありません。

追加補償プラン(有料)

フリーケアプログラムに月々500円追加することで受けられる追加補償プランです。

  • 保険料:500円/月
  • 補償期間:1年毎更新(継続可)
  • 補償内容:賠償責任保険1億円/入院日額5,000円/手術保険55,000円
  • 条件:日常生活での事故などの賠償責任・・・本人と家族まで対象、
  • 条件:事故が原因となる入院や手術費用・・・本人のみ対象

 

フリーケアプログラムとの大きな違いは、家族まで対象になるということですね。

補償する内容自体は事故の保険なので、病気などでの入院は適用されません。

フリーケアプログラムは活用する機会は少ないかもしれませんが、こちらの追加補償の内容は意外と身近で起きかねない事故補償だと思います。

 

(賠償責任例)

  • 自転車で走行中、歩行者にぶつかりケガをさせた。
  • 友人宅にて子どもたちが遊んでいるうちにテレビにぶつかって倒し、壊してしまった。
  • 散歩中、飼い犬が他人に噛みつきケガをさせた
  • お店の商品を誤って壊してしまった。
  • 通勤途中、駅の階段で足を滑らせて転び、他人を巻き込んでケガをさせた。
  • 子ども同士で遊んでいて、相手にケガをさせた。

 

特に子どもはいつ何をするか想像できないので、子どもが事故を起こした時の賠償責任は何かに入っておきたいですね。

楽天PINKカードのPINKサポートとの比較

ところで、私が持っているのは楽天カードの中でも「PINKカード」という女性向けのカードです。

ザ・PINKなカードです。

>> PINKカードの詳細はこちら

 

楽天カードと言えば、年会費入会金永年無料で有名ですが、PINKカードにはオプションで会費を払うとオトクなサービスが受けられるようになっています。それぞれ月々300円で

  • 楽天グループ優待サービス
  • ライフスタイル応援サービス

 

楽天グループ優待は、ヤフーでいうところの「プレミアム会員」みたいな扱いで、楽天のサービスでいろんな特典がついてきます。

楽天ヘビーユーザーなら加入しても良さそうです。

ライフスタイル応援サービスの方は、中身はベネフィットなのでPINKカードで加入する必要はなさそうです。

 

 

3つ目に「楽天PINKサポート」という女性のための保険があります。

この内容と今回のフリーケアプログラムの追加補償を比較してみました。

ケガの補償プラン

フリーケアプログラムで言うところの、会員本人だけがサポートされる入院と手術費用の部分です。

楽天PINKサポートだとこうなります。

  • 保険料:240円/月
  • 補償期間:1年毎更新(継続可)
  • 補償内容:入院日額3,000円/手術保険30,000円/入院中以外の手術15,000円
  • ※第3者による加害行為の場合は2倍(入院日額6,000円など・・・)

 

保険料は追加補償の約半額になります。ただし保険料も安くなります。

医療保険に既に入っていて、手厚くしたいならこれでも十分な気はしますね。

個人賠償責任事故補償プラン

フリーケアプログラムで言うところの、家族全員がサポートされる賠償責任保険の部分です。

楽天PINKサポートだとこうなります。

  • 保険料:220円/月
  • 補償期間:1年毎更新(継続可)
  • 補償内容:賠償責任保険1億円/本人のみ後遺障害・死亡時に100万円

 

こちらも保険料は約半額になります。ただし賠償責任の補償内容は1億円のままです。

個人賠償責任の部分だけ欲しい場合は、PINKサポートのほうがお値打ちに加入できますね。

追加補償プランのように、ケガの保障と賠償責任を合わせると保険料は月額460円になります。

少しだけPINKサポートのほうがお値打ちですが、入院日額が安くなります。逆に後遺障害や死亡保障がつきますけどね。

どちらが良いかはお好み次第の状態です。

スポンサーリンク

加入中の県民共済との比較

さて、私の医療保険は県民共済に乗り換えたのですが、こちらからも「個人賠償責任保険」の案内が来ていました。

今、流行ってるんですかね?ついでに、他の保険ともいろいろ比較してみました。

追加補償プランと県民共済の比較

県民共済の個人賠償責任保険はさらにお値打ちになります。

  • 保険料:140円/月(年払い1,680円)
  • 補償期間:1年毎更新(継続可)
  • 補償内容:賠償責任保険1億円/本人と家族が対象
  • 条件:県民共済加入者

 

シンプルに賠償責任保険のみのプランです。

入院の補償などは一切ありません。その分とってもお値打ちです。

既存の保険に賠償責任だけ追加したい場合や、保険未加入の子どもの賠償をカバーしたい場合におすすめです。

とってもお値打ちで良い保険なのですが、県民共済の加入者のみが加入できる保険なので一般の人は入れません。

その分、お値打ちなんでしょうね。

オマケの比較)セブンイレブンの自転車保険

夫が自転車愛好家なので、自転車保険には別で入っています。

それがセブンイレブンの自転車保険です。

最初、コンビニで入る保険なんて・・・と二の足を踏んだ私でしたが、比較してみるとこちらもかなり良い保険なのです。

シンプルに、本人型(家族は補償対象外)で契約しています。ちょうど更新ハガキが着たので載せてみました。

 

  • 保険料:333円/月(年払い3,990円)
  • 補償期間:1年毎更新(継続可)
  • 補償内容:本人のみ
  • 賠償責任保険3億円/入院日額 4,000円/死亡後遺障害 290万円

 

PINKサポートより高く、楽天フリーケアの追加補償より安い保険料です。

そのかわり、賠償責任保険は最高額の3億円です。

ほとんどの賠償責任保険は1億円までが上限となっているので、この賠償責任保険の最高額は決め手となりました。

自転車走行中に人と接触事故を起こした時の賠償額って個人の預貯金じゃとてもじゃないけど払えません。

保険には必ず入っておきたいものです。1億円近い高額賠償の判例もあるので3億あれば安心ですよね。

とはいえ、安全運転第一ですよね。

ちなみに申込み窓口はコンビニですが、きちんと保険会社が運用しているので保険加入者向けのサービスも充実しています。

健康医療相談は24時間対応。平日の日中なら子育てサポート相談まで受けられます(*^_^*)

 

オマケの比較2)なごや市民の自転車保険

最後に調べていて見つけたのが「なごや市民の自転車保険」です。

こんなものがあるんですねー

名古屋市民であることが条件で、月々98円で加入できる保険だそうです。

個人賠償責任が1億円ついてきます。

 

ここまで安い保険が出てきてしまうとPINKサポートですら高く感じてしまいます。

フリーケアの追加補償も・・・

ただこちらもセブンイレブンも「自転車」のみの補償なので、自転車以外の事故は対象外になります。

子どもがやんちゃなので、賠償保険が気になる今日この頃

チビヒメ保育園デビューして、もうすぐ2ヶ月になろうとしています。

チビヒメは、ものすごくやんちゃなレディに育ちまして・・・既に外出先での食事中に食器を割る事件を起こしております。

これからさらにやんちゃに拍車がかかること間違いなしですので、賠償保険が気になるのです。

 

先輩ママさんに聞いた悲惨な事件だと、マンションの自動ドアに石を投げて割ったことがあるそうです。

子ども同士のささやかな遊びが、大きな事故につながります(^_^;)

予想できない事故が起きる前に賠償保険に入っておくのもいいかなぁと思うところです。

 

病気も補償するなら、共済の子ども型もいいですよね。入院になった時に、助かりそうです。

賠償責任だけなら個人賠償責任保険のほうがお値打ちです。

どこまで補償を考えるかを検討して早めに入りたいですね。

比較した保険のまとめ(比較表)

楽天フリーケア・プログラム 楽天フリーケア追加補償 PINKサポート ケガの保障 PINKサポート 個人賠償 県民共済 個人賠償 セブンイレブン個人賠償※ 名古屋市民の自転車保険※
保険料 0円 500円/月 240円/月 220円/月 140円/月 333円 98円
個人賠償責任額 1億円 1億円 1億円 3億円 1億円
個人賠償補償対象 本人と家族 本人と家族 本人と家族 本人のみ 本人と家族
入院一時金 3万円
入院日額 5,000円 3,000円 4,000円
手術日額 55,000円 30,000円
死亡・後遺障害 100万円 290万円
傷害補償対象 本人のみ 本人のみ 本人のみ 本人のみ

※自転車保険は自転車事故のみ補償対象

 

一覧表にしてみて思ったこと

 

  • フリーケアは無料だから入っても良さそう
  • 個人賠償が一番オトクなのは県民共済
  • 自転車事故だけカバーしたいならセブンイレブンかなごや市民の自転車保険
  • ケガ用の入院保障は、医療保険でまかなえば問題なし(個別で入るのは不要)

 

ところでうちは賃貸なので、賃貸住宅向けの火災保険に入っています。

実はそこにも日常生活の賠償保険が付帯されています。

もしかしたら手持ちのクレジットカードにも補償のついたものがあるかもしれません。

 

こういうのって一度自分の加入している保険やカードを総ざらいして、補償の重複がないかもチェックすると無駄を省けそうですね。

正直自分でやりだすとめんどくさいので、こういう時は保険のFPサービスとかに相談すると楽でしょうね。

それにしても、フリーケア、無料だし入っておいてもいいでしょうけど加入申込期限を逃してしまいました。

 

届いた手紙はすぐに開封してチェックしないといけませんね(^_^;)

スポンサーリンク