ecfbbb749ed037efa3a0944b1dd5b2ef_s

無事生まれましたー!!
妊娠してからというもの、分娩への恐怖が日々募り
いざというとき、無事に病院にたどり着けるだろうか、とか
ちゃんと産めるだろうか、とか
産後はいったいどうなるんだろうか・・・とか

とにかく不安でいっぱいでしたが、なんとか産めました。
産前はたくさんの出産体験談ブログを読んで
イメトレさせていただきましたので
私も今現在妊婦の方のために出産体験を残しておこうかと思います。

それから、実際に必要だったものと
いらないと思っていたけど、急遽購入したものなど
グッズについても、また別エントリでまとめていこうと思います。

最初のおしるしから出産までは5日間

後期に入っている妊婦さんなら、教室で習っていると思いますが
通常は陣痛→破水→出産なわけです。
場合によっては破水が先の人もいたり
予定日超過で促進剤を使って陣痛を促す人もいます。
私の場合は教科書通りの

おしるし→前駆陣痛→陣痛

でした。
時間の流れでは
1日目早朝 おしるし?(血おり)
1日目AM  病院で急遽診察、子宮口1~2cm程度
2日目   引き続き血おり
3日目   引き続き血おり
4日目   出血!(生理くらい)
     出血だけではなく生理のような鈍痛。
4日目夜  生理のような鈍痛が続き眠れない。
     ついに?と思い間隔はかるも不規則。
5日目AM  病院受診。子宮口4cmくらい?
      入院しなくても良いと帰される。
5日目夕方 痛みの間隔が5分になったのでもう一度病院へ
      そのまま陣痛室へ(入院決定)
5日目深夜 産まれたー!

こんな感じでした。
血おりが出た頃から心の準備や、自宅の整理など
3日間くらいはあれこれ準備ができました。
入院前日(4日目)に至っては、風呂掃除までこなしました。
血おりが出たときは、ビクビクしましたが
おかげさまで心構えができて助かったと思います。

お産の痛み、聞いていたのと違う

陣痛はうわさ通りの激痛でした。
もうほんとに、叫びまくりです(^_^;)
叫ぶほどの陣痛は6時間程度でしたが
あとから授乳室で雑談した他のママさんは20時間くらい陣痛に耐えたそうです。
恐れいります・・・

教室で見たビデオだと、この陣痛に耐え
分娩台にあがれば1時間位でスポンと産まれていたので
分娩台に移ると言われた時には
きたぞ!ついに開放されると思ったものです・・・

いざ分娩台にあがると破水をしても
子宮口全開でも一向に出てきません・・・
なぜだ!

2時間ほどがんばったとき、ついに頭が見えたとの声が!
ここでもまた、あのビデオです。
頭が見えたら呼吸法を変えて
頭が出てしまえばあとはスルリと・・・
喜びの気持ちが一杯で最後のいきみを!

・・・
しばらくして助産師のひとこと
「さあ次は肩ですよ」
えー!?肩ひっかかってるのー?
ビデオと違うー(;_;)
頑張るのは頭が出るまでと思い込んでいただけに
この肩を出すいきみは、ものすごく痛く感じました・・・

噂の会陰切開は、噂通り麻酔なしでも
痛みは感じませんでした。
むしろ、終わったあとの縫合が痛いです。

あと知恵袋とかで陣痛中の内診が何回あるか質問してる人がいましたけど
私の場合、5~6回は内診あったと思います。
入院前の内診台での内診は怖かったものの
陣痛室での内診は「もっとやってくれ!」状態でした。
もう、なんというか内診ついでに引っ張りだしてくれ!
そんな感じです。
不思議な事に内診してもらっている時のほうが陣痛も和らぎました。
助産師さんが目の前にいるっていう安心感があったからかもしれないです。
普段の検診でも内診嫌いだったので、この時だけの特別な感覚ですね。

産後に感じたアレコレ

分娩に意識がフォーカスしすぎてて、産後のことを
それほど考えてなかったというか
シミュレーション不足だったなぁーと思うことあれこれ。
簡単に残しますね。

>>産前気をつけてた妊娠線が産後にできた
たぶん、急速に縮んだときにできたんだと思います。
産前は毎日お手入れしてたのが、
産後はまったくお手入れしてなかったら
気がついたらくっきり妊娠線でした・・・
子どもは預かってもらえるので時間がないわけではないけど
やっぱり出産して自分のお手入れは上の空なんですよね・・・
失敗しました。

>>産褥ショーツの使い方がわからない
この間抜けな内容は私だけかもしれませんが・・・
またのマジックテープを今ひとつ使いこなせず、
退院間際にようやく使い方を覚えました。
いちばん悪露のひどい頃はサニタリーショーツと同じ使い方してましたし・・・
そう思うと、買わなくても良かったものかもしれません。

こんなところでしょうか・・・
また、入院用にそろえたグッズのレビューなどもまとめていきますが
ひとまず出産のご報告でした!

スポンサーリンク