最近、ヨガスタジオのこと調べてます。

妊娠前は通っていたんですよ、ヨガ。

マタニティヨガも通ったし、産後もしばらく「産後ヨガ」に通ってました。

ヨガ好きなんですよ。

 

でも最近行けなくなりました。

子連れにはちょっと辛い。

子連れで行けるヨガスタジオも見つけたんですけど平日クラスばっかりなんですよね。(不満)

しばらくは宅ヨガを楽しむしかないのでしょうか。

 

そういえばチビヒメを妊娠した時もヨガをしていました。

ヨガって妊活効果も高いんですよね。

妊活中の方はぜひヨガに取り組んでほしいです♡

ヨガが妊活に良い理由

ヨガ・マインドフルネス

正しい呼吸法で血行も促進される

冷え性の女性って多いですけど、妊活に冷えは厳禁。

妊娠中に助産師さんにも指摘されましたが、足先の冷えは子宮の冷えに直結します。

末端が冷えていては妊娠力も低下するということです。

 

深い呼吸は体の隅々まで血流を流す効果があります。

ヨガでなくても良いのですが、気がついた時に深い深呼吸をする習慣がつくといいですね。

ヨガを習うことで深い呼吸のコツをつかむことができます。

リラックスすることでホルモンバランスが整う

ストレスって妊活中の大敵です。

ストレスがたまると体が緊張状態になって血流が悪くなるのです。

 

でも妊活中ってすごくストレスがたまります。特に妊活期間が長ければ長いほど・・・

ヨガはゆったりとした動きで、深呼吸も多くストレスも一緒に吐き出す運動です。

ヨガの間だけでも妊活のことを忘れて頭を空っぽにすることも大切ですよ。

骨盤の歪みが改善する

骨盤って子宮を支える大切なパーツです。

その骨盤が歪んでいては妊活にとってもマイナス。

ヨガは体の歪みを整える効果もあります。

 

妊活専門クラスだと骨盤ケアのポーズを中心にレッスンしてくれたりします。

骨盤周辺の血流を良くして授かりやすい体つくりになるのです。

二人目不妊にも効果的

第1子は順調に授かったのに陥りやすいのが二人目不妊。

二人目不妊にはいくつか原因がありますが、ストレスが大きな原因になっている場合があります。

 

一人目の妊活に比べると、時間もない上、育児中で心身ともに疲弊状態。

そこに妊活のストレスがたまるのですから、不妊になっても仕方がありません。

忙しいママこそ、自分のために身体を労る時間を、意識的に確保しなくてはいけません。

 

育児も不妊の悩みも、深い呼吸とともにすーーっと吐き出してしまいましょう。

自宅ヨガとスタジオヨガの良いとこ

自宅ヨガは経済的でいつでもできる

仕事に育児にと忙しい日々。時短でお給料も減少(/_;)

そんな時に便利なのは自宅ヨガです。

 

レッスン代もかかりませんし、レッスン時間とのスケジュール調整も不要です。

最近はYouTubeでもヨガの指導動画が充実しています。

私はAmazonのプライムビデオ派です(*^^*)

 

デメリットとしては自宅なので邪魔が入ると集中できないことですね。

たまにはスタジオ行きたいなぁ~

スタジオヨガは専門器具や設備が魅力

私が昔通っていたのはホットヨガスタジオでした。

ホットヨガや、最近流行りのエアリアルヨガは、自宅ではできないので、スタジオに通う醍醐味ですよね。

またインストラクターが手取り足取り教えてくれるので、自分では気づきにくい歪みが改善できます。

 

アーサナ(ポーズ)が辛い時は、筋肉の使い方が間違っていることが多いです。

前屈で床に手がつかないくらい硬い体の私も、インストラクターの指導でつくようになりました。

毎日の柔軟ではなく、お腹の筋肉の意識の仕方を変えただけでした。

 

ヨガスタジオを探すなら、「ケイコとマナブ」や「EPARKスポーツ」などのサイトで

通いやすい地域で検索する方法がおすすめです。

初回ワンコインレッスンをしているところも多いので、気軽にいろんなスタジオを試せます。

相性の良いスタジオを見つけることが長続きの秘訣です♡

スポンサーリンク

妊活中にやってはいけないヨガ

ヨガ・マインドフルネス

修行僧向けのヨガは性欲減退で妊活に逆効果

ヨガってここ数年、セレブのエクササイズっていうイメージが強いですよね。でも昔はどうでしたっけ?

私の子どもの頃は「ストリートファイター2」というゲームが流行っていて

「ヨガファイヤー」という必殺技を出す痩せたキャラクターがいました。

 

たしか、ヨガってそういう修行僧のイメージが強かったと思います。

実際に、修行僧はヨガで禁欲効果を高めていたりします。

 

つまり、ヨガを極めすぎると

「性欲」を押さえ込んでしまう効果もあるのです。

妊活にとっては逆効果です。

避けたいヨガは「アシュタンガヨガ」「クンダリーニヨガ」「パワーヨガ」

妊活に向かないヨガはずばり、ストイックに鍛え上げるヨガです。

 

具体的には

  • アシュタンガヨガ・・・運動量が高くエクササイズ向き
  • クンダリーニヨガ・・・流れるような速いテンポのヨガで運動量が多い
  • パワーヨガ・・・・・非常に激しい呼吸法。格闘家やアスリート向きのヨガ

はあまり妊活にむいていません。

 

近所のヨガスタジオでとりあえず妊活だ!と意気込む前に、

スタジオのプログラム内容をチェックしておいたほうが無難です。

私が妊娠した時のヨガの頻度

ヨガ・マインドフルネス

ここからは私の体験談も少しだけご紹介。

通っていたのはホットヨガの常温クラス

自宅の近くにあるヨガはホットヨガスタジオでした。

 

ところが、このホットヨガの温度が暑すぎてキツイ・・・

60分のクラスを受けることが難しく、

1週間に1回だけの常温クラスに通っていました。

 

常温と言っても、前後にはホットヨガのクラスがあるため、

室温はかなり高い状態でのヨガ。

 

ホットヨガ特有の、体を温め動きやすくする効果は得られつつ、

息苦しくなく楽しく取り組めるクラスでした。

スタジオ通いは月に2回であとは宅ヨガ

仕事が忙しくてなかなかヨガには頻繁に通えません。

通えるのは週末のみ。

 

その週末も生理中はお休みしていたので、

月に2回程度しか通っていませんでした。

 

その他は、自宅で就寝前と寝起きにストレッチ程度のヨガを続けていました。

デスクワークでの凝り改善に役立ってました(*^^*)

排卵日のリゾートヨガと瞑想クラス

大きな仕事が落ち着き、夫と旅行に行き授かりました。

その際、旅先でもリゾートヨガを楽しみ、

旅行からの帰宅後はいつものヨガスタジオで「瞑想クラス」を受けました。

 

瞑想クラスは年に数回の特別レッスンでした。

アーサナよりはマインドフルネス重視

 

その時に、自分の気になる色を答えることで、

インストラクターが体の気になるポイントを当てるシーンが有ったのですが、

私はまさに子宮でした。

 

その時にはチビヒメが既に宿っていたのだと思うと、

なんだか不思議な気分ですね。

ヨガにこだわらずゆったりと過ごせる時間が確保できればOK

風船 スマイル

結局のところ、ヨガをしたから妊娠したという確信はありません。

 

でも仕事が忙しくて頭も心もパンク寸前の時に、

プシューっとガス抜きしてくれたのはヨガでした。

 

ヨガが苦手な人もいます。

だからヨガにこだわる必要はありません。

 

自分なりに、上手にガス抜きできるものを見つけておくことが妊活にも大事なことだなと思いました。

そして、できれば冷え解消とかにもつながることだと尚良しですね。

スポンサーリンク
関連キーワード