離乳食が3回食になってから、1ヶ月ほどたちました。最近では時間もほぼ固定してきて、良いリズムがつかめています。

そんな中、離乳食教室での指導では「いただきます」と「ごちそうさま」を大切にするようにと習いました。

朝ごはん

「いただきます」と「ごちそうさま」の挨拶の大切さ

小さいうちの食事はダラダラと食べることが多く、食事中に一旦おもちゃで遊んで、もう一回食事に戻るということもあります。たとえ、席を離れることがあっても、最初と最後は「いただきます」と「ごちそうさま」の挨拶をすることによって、

ここからは食事、ここまでが食事

と食事の時間を明確にしてあげると良いのだそうです。

習慣づけのためにまずは大人から

いきなり、「いただきます」「ごちそうさま」をさせようとしても、もちろんムリです。

まずは、大人が見本をみせます。毎食、必ず目を合わせてアイコンタクトをとります。それから手を合わせて「いただきます」をします。

同様に、ごちそうさまのときも、きちんとアイコンタクトをとってから、手を合わせて「ごちそうさま」でしたをします。

スポンサーリンク

我が家のきっかけは夫の補助

ある日、私が「ごちそうさま」をしようとしている時に、夫がふいにチビヒメの両手をとって私の真似をさせました。実は結構強引に手を合わせさせたのです。そして

「ごちそうさまはこうするんだよー」

とささやいたのです。

それから、なんと、自分でできるようになったのです。

きちんと手のひらを合わせることはできませんが、両手を口元でくしゃっと合わせます。私の「いただきます」と「ごちそうさま」の掛け声に合わせて、手を合わせるのです。

先日、手を合わせなかったことがあったので、

「ちゃんと、いただきますしようね」

と声をかけると、今度はきちんと手を合わせました。ちゃんとわかっているんですね。お母さん感動しちゃいました(;_;)

もちろん、まだ声に出して「いただきます」や「ごちそうさま」を言うことはできませんが、「いただきます」と「ごちそうさま」のポーズがお気に入りのようで、毎回ニコニコしながら真似をしてくれます。

大人の真似が楽しくなってきた時期?

余談ですが、いただきます以外にもできることが増えました。

それはセルフいないいないばぁです。

これまでのいないいないばぁは、大人が見え隠れするのですが、セルフは違います。チビヒメが自分でやります。

先日、ガーゼケットにくるまって遊んでいた時です。自分で布を頭までかぶってしまいました。そこから、そろーっとおろしてばぁ!としてくれたのです。

そこでガーゼケットをもちあげたときに「いないいない~」と掛け声をしてあげて、下ろした瞬間に「ばぁ!」と言ってあげたら大喜びしました。自分の力でいないいないばぁができたことに大喜びです。

親バカですが、めちゃくちゃかわいい瞬間でした(*^_^*)

赤ちゃんに何かを教えるこということ

なんでもそうですが、無理強いはしてはいけないとおもいます。

今回の「いただきます」「ごちそうさま」のきっかけは、夫が無理やり手を合わさせたことでしたが、もしもチビヒメが嫌がるそぶりを見せたら止めたと思います。

たまに「いただきます」「ごちそうさま」をしない不機嫌なときもあります。そんな時は、見ていてすぐにわかるので、「ちゃんとしなさい」とは言わずに、すぐにベビーチェアからおろしてリビングで遊ばせます。

まだ「赤ちゃん」です。自分で感情のコントロールができないのです。そんな時に、マナーだからと挨拶を徹底させるのは良い方法だとは思えません。ゴキゲンの良い時に、習慣づけるようにすることが大切かなぁと思います。

まとめますと

  • 親が根気よく見本をみせる
  • 無理強いはしない
  • できたときは大げさに褒める

なにごとも、この繰り返しが原則かなぁとおもいます。お食事の挨拶もこの通りですしね。これからどんどん、挨拶のバリエーションも増えるので楽しみも増えます。感動しやすくなってるので、外では平常心を保つように努力します(。・_・。)

スポンサーリンク