親子 スキンシップ

今日は、完全にノロケです。

しかも、1歳児の!と堂々と書きましたが、もちろんながら「チビヒメのかわいいしぐさ」ベスト3です。

親バカ投稿が苦手な方は、ご遠慮ください 笑

 

産まれてから、徐々に表情も出てきて、どんどん可愛さが増すチビヒメ。

伝い歩きができるようになり、最近は一瞬立てる時間も増えてきたので、どんどん可愛さのバリエーションも増えてきました。

 

毎日の育児でうまくいかないことがあって、イラっとすることもありますが、

この瞬間に疲れがふっとぶという可愛いしぐさをベスト3でまとめてみました。

あるあると共感してもらって、明日への活力につながると嬉しいです(*^_^*)

かわいい仕草&行動 ベスト3

おもちゃ 知育 子ども

第3位 どうぞ、をする/あーん、をする

「どうぞ」「ちょうだい」のやり取り遊びは、早いと10ヶ月くらいからできるのだそうです。

チビヒメは誰にも「どうぞ」ができない子で、「どうぞ」が得意な子のそばに連れて行って、「どうぞ」をする様子をよく見せに行ったものです。

 

ところが、1歳前に「どうぞ」ができるようになり・・・

1歳を過ぎたあたりから突然「どうぞ」と言うようになったのです!

正確には「どうじょ」という感じです。

 

 

それからというもの・・・数秒おきに「どうじょ」をする「どうぞ地獄」が毎日何回か発生します。

家事の最中に「どうぞ」が止まらない時は大変困りますが、そのしぐさがとっても可愛い!

 

「どうぞ」と言って、こちらに差し出した姿で静止しているのです!

 

かわいい!撮りにいかなきゃ!と親バカはダッシュします。

 

 

その「どうぞ」のおかげで食事中に食べ物を投げそうなときも

「ちょうだい」というだけで手のひらに乗せてくれたります。

ちょっとだけ助かってます。

 

この食事中の「どうぞ」が最近発展しました。

そうです、タイトルの「あーん」はチビヒメから私への「あーん」です。

 

「どうぞ」をしているので、手のひらを出したのですが

手のひらに置かずにぐいぐいと顔に近づけようとします。

 

これはもしやと口を開けて近づいたら

持っていた食べ物を私の口の中に入れてくれました!

 

まさに「あーん」を会得した瞬間でした。

嬉しい、優しい、可愛い!

でもだいたい嫌いな野菜をアーンしてくれる気がする(^_^;)

 

ここまで、やりとりができるようになるなんてと日々キュンキュンするのでした。

第2位 寝起きでふすまを開ける

いつも早起きして朝活中の私。

チビヒメも血を受け継いだのかかなりの早起きです。

だいたい5時半には起きます。

そして私がいないことに気づくとハイハイして、寝室(和室)のふすまをあけてリビングへとやってきます。

 

 

まだハイハイしかできないチビヒメが、寝ぼけた状態で、大きなふすまを押し開ける姿がめちゃくちゃ可愛いです。

リビング側から見ていると・・・

 

スススとふすまが開いて、寝ぐせ全開のチビヒメが顔を出す。

そして目があった瞬間、ニコっと笑って、目をこする。

 

 

この一連の朝のしぐさが、めちゃくちゃ可愛い。

なんだか1人前なことをしているじゃありませんか!

 

しかも、薄毛の娘が科学者の爆発頭ばりに寝ぐせをつけて

目をこすっている姿がめちゃくちゃ可愛い!

 

いつも動画に残したいと思いつつ、残せない瞬間です。

ここに書き留めることができてちょっと満足。

第1位 口元に手を添えて笑う

堂々の1位は、笑いのしぐさ!

 

チビヒメは普通に笑うことも多いのですが、もうすぐ大爆笑しちゃうかも?!

という期待に満ちた時は、ミニーマウスのように両手を口元にあててにやにやと笑います。

 

このしぐさがなんとも女の子らしくて可愛いのです。

こういうしぐさって、アイドルの宣材写真でした見たことなかったけど

自然とデキる子もいるんですねぇー・・・

可愛い瞬間をすべて残したいから撮って撮って撮りまくる

写真撮影

二度とない「いま」を残す

さて、ベスト3をまとめてみましたが、とにかく可愛い瞬間を何とか残したい。

と常日頃から思っています。

機動力があるのはスマホですが、良い画質で残したいならやっぱり一眼レフカメラです。

 

欠点は手に取りやすいところに置いておくといたずらされる危険性もあるので、どこを定位置にするかが難しいところです。

産まれてすぐの頃にくらべると、撮る写真の枚数は減ってきました。

それでも、毎日できることはどんどん増えて・・・

うっかりしていると感動の瞬間を取り逃してしまいます。

 

いつでも手軽に自宅でも写真を撮るクセを、つけていきたいですね。

撮りためた写真はアナログで残す派

そして撮った写真は、プリントする!

これ絶対です。

データだと見ない。

 

親(チビヒメの祖母)は、孫のためにタブレットを買いましたが、主に動画閲覧用にしています。

写真はやっぱりプリントのほうが良いようです。

 

貯めこむと数年後、プリントが億劫になります。

まだ小さいうちにこまめにプリントの習慣をつけることをオススメします。

最近の我が家のプリントの法則です。

 

  • チビヒメ嫁入り時に持たせる用・・・大きなプリントアルバム
  • 自宅の思い出用・・・・・・・・・・1年ごとに無印のポケットアルバム
  • チビヒメが今閲覧する用・・・・・・デジタルフォトアルバム

 

デジタルフォトブックは加工が手間だし印刷で画質が落ちるので、保管用アルバムとしては作っていません。

チビヒメが家を出る時に持たせるように豪華なアルバムをひとつ作り、

平行して家族のアルバムとして1年に1冊無印のポケットアルバムを作っています。

 

ところが最近、チビヒメがこのポケットアルバムを見たがるようになり、

ページをめくるたびにポケットの軟弱な部分を破りそうになることが何度もおきました。

ポケットから写真を取り出してくちゃくちゃにしかけたこともあります。

 

そこで先日フジフィルムで作った、デジタルフォトアルバムを持たせてやることで解決しました。

デジタルフォトアルバムは、製本がキッチリしているので少々引っ張っても破れないし、

写真は印刷されているので引っ張りだしてくちゃくちゃにされる心配もありません。

チビヒメのお気に入りの絵本棚に写真集を入れることにしました。

 

【写真共有&整理】スマホ・デジカメ増え続ける子ども写真を解決

スポンサーリンク

簡単にフォトブックを作るには

フジフォトアルバム

フォトブックって簡単簡単と言う割に、意外と手間だったりしますよね。

今、うちでチビヒメのお気に入りはフジフィルムのフォトブックです。

 

ソフトタイプの写真集ですが、頑丈でそこそこ雑に扱っても問題なしです。

ところが、作るにあたってはちょっと苦労しました。ページごとのレイアウトが写真が多くて大変だったのです。

 

簡単にフォトブックをオシャレに作ろうと思うと

1ページ1枚の写真

これが一番シンプルで簡単です。

 

そしてオシャレに仕上がります。

1ページに複数の写真をレイアウトするのはそれなりにセンスが必要になりますし、作業の時間がどんどんかかります・・・

さくっと時間をかけずにそこそこの仕上がりにするなら1ページ1枚がベストです。

アスカネットのおまかせマイブック

1ページ1枚だと載せたい写真がいっぱいだからすごいページ数になってしまう・・・

という方もいると思います。

 

とはいえ、編集は面倒だし・・・

そんな場合は、写真のセレクトから編集までおまかせできる写真集もあります。

 

アスカネットのおまかせマイブックです。

写真をまとめてどどんと送るだけで写真集を作ってくれます。



送る方法も、データ送信USBの送付とどちらでも対応してくれるので、PCは苦手という方も安心です。

多少、お値段は張りますが・・・

手間をかけずに仕上がりを求めるには便利なサービスです。

 

このサービスのおすすめは、

ハウススタジオ系で100枚くらい撮り切りの撮影プランで写真を撮った時のアルバム作成がおすすめです。

スタジオアリスやマリオ系のスタジオのアルバムに比べるとお値打ちに仕上がりますよ!

どんな形でも、今だけの瞬間を残していきたいですね。(*^_^*)

 

先輩ママって実は意外とお料理してなかった?!

野菜

もう、毎日のごはんや買い出しに悩まない!
考えないお料理の強い味方「食材宅配サービス」
まだ試してないママ必見です(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ベビーリング

今、ママたちの間で超話題!知ってますか?

10人中7人のママが買いたい!と思ってる「ベビーリング」
まだチェックしてない人は必見です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子どもの可能性を広げるために、パパママがしてあげられること
おもちゃ 知育 子ども
乳幼児期に子どもの能力を引き出すには
家庭での過ごし方がとっても重要!
親子が密接に過ごせる今この時期に親がしてあげられることは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
関連キーワード