久しぶりに手作りおもちゃに挑戦しました。挑戦というほどに凝ったものを作ったわけではありませんが、手間の割には夢中になってくれて助かっています。

作ったおもちゃは2つとも手指のトレーニングにつながるタイプのものです。チビヒメはスクリュー状のフタをはずせる程度に握力がついてきています。自宅でちまちましたおもちゃばかりで遊ばせていたので、手先ばかりが器用になってきた気がします。

それでも作りたかったおもちゃは、やっぱり指先を使うものなのですが、作りたい欲求を優先して作ってしまいました(^_^;)

ペットボトルでストロー落とし

結構メジャーな手作りおもちゃですよね。なんで今まで作っていなかったのか?というくらいベタです。

作り方や難易度はいろいろとありますが、我が家の場合はキャップに穴を開けるタイプにしてみました。

このペットボトルでストロー落としのおもちゃをこれから作る場合、穴の大きさと入れるものの大きさで調整すると良いと思います。

  • 簡単)ペットボトルの口に太いストローを落とす
  • 普通)ペットボトルの口に普通のストローを落とす
  • ちょい難)タピオカジュースなどの太いストロー用穴に普通のストローを落とす
  • 難しい)ストローキャップの穴に普通のストローを落とす

後で考えたら、100円均一でストローキャップを買ってきて作れば良かったのにと思ったのですが、結局キャップに穴を開ける自作工作で、手を切り負傷しました(;_;)カッターを使う場合はお気をつけて

ちなみに、このストローをつまむ時に親指と人差し指と中指の3つの指を使うのですが、これが鉛筆持ちの練習にもなります。さらに、ペットボトルは片手で入れようとすると簡単に倒れてしまうので、利き手以外の手で支える練習にもつながります。

お手軽に用意できるわりには、なかなか使える遊び道具です。

チェーンリングでスプーン練習

節分の時の鬼のお面が残っていたので、鬼の口にスプーンですくったチェーンリングを食べさせるおもちゃを作りました。

こどもちゃれんじから似たようなDMが届いたのですが、届いた翌日には口から裂けた紙くずになっていました(豪快に破られてました)鬼のお面は意外と頑丈なので、長持ちして遊べそうです。

人間相手ではありえないのですが、スプーンを口の奥に入れすぎて引っかかる事件が何度かおきました。もう少し口を大きく開いた絵柄のもので用意してあげるか、喉を浅く作ってあげたほうが良さそうです。

あとで、中のチェーンリングを取り出さないといけないので優しいテープで止めたせいか、簡単に外されます。タッパーのフタに顔のイラストを描いて口の部分をくり抜くほうが、丈夫かもしれませんね(^_^;)

スポンサーリンク

モンテッソーリの遊びや手作りおもちゃ

そういえばこういう遊びってモンテッソーリ本で見たような気がしたなぁと・・・前に読んだモンテッソーリ本を引っ張り出してきました。その本によると1歳半くらいの子にはこんな働きかけが良いみたいです。

  • 蓋付きの箱や化粧品の空き容器のフタの開け閉め
  • 穴の開いたタッパーにお手玉やボールを落としたりつかんで出す遊び
  • サラダスピナーを回して遊ぶ(手首の運動と運筆の練習)
  • 洗濯ばさみで厚紙をはさむ
  • 棒に輪っかを通す

空き箱の開け閉めはすぐにでもできそうですね。サラダスピナーは持ってないので、このために買うかどうかは悩ましいところです。でもたしかにサラダスピナーのような回す動きはなかなかできませんよね。他に代用できないかなぁ?

タッパーへの出し入れは、わざわざ用意しなくてもエッグシェイカーを毎日のように持ち運びしているので十分かなぁと思います。洗濯ばさみと輪を通す遊びは、また何か手作りしてみたいと思います。

洗濯ばさみはダイソーで買ってきて挟むための台紙は手作りしようかなぁ?棒に輪を通す遊びだけは要検討です。

こういうおもちゃのことだと思うんですけどね、どうしようかなぁ(*^_^*)

スポンサーリンク
関連キーワード