1年間続けてきたキンダーブックじゅにあが最終号をむかえました。

自動継続サービスではないので、3月号でおしまいです。

ちょっとさみしいですね。

キンダーブックじゅにあ3月号の内容と反応

キンダーブックじゅにあの3月号の内容です。

  • うさぎがぴょーん(知識のページ)
  • ぽかぽかさんぽ(おはなし)
  • ひらいたひらいた(振り付けガイド付き)
  • はるがきた(ワークページ・シール付き)
  • おおきくなったよ(生活習慣のページ)
  • 保護者向けページ(QA/ふれあいあそび/レシピ)

うさぎがぴょーん(知識のページ)


知識のページはうさぎちゃんです。

チビヒメも保育園で動物の動きを真似する活動をしています。

うさぎの動きは2歳児たちには人気のようでぴょんぴょんするのが楽しいみたいです。

うさぎの柄をみると喜ぶので、女の子だなぁとシミジミ思います。

ぽかぽかさんぽ(おはなし)

お話のページはお散歩。

お兄ちゃんとお姉ちゃんと末っ子たあくんが3人で遊ぶお話です。

マイペースでがんばるたあくんが最後にチャンピオンになるストーリーです。

うさぎとかめのお話に似てますね。

少しずつ、年上の人や小さな子がいるということが理解できるようになってきました。

お兄ちゃんやお姉ちゃんに憧れつつも小さな子に優しくできるこに育ってほしいです。

ひらいたひらいた(振り付けガイド付き)

歌と体操のページは「れんげ」でした。

キンダーブックじゅにあを取り始めた頃は、たいそうはやってませんでしたが最近は振り付け通り動いています。

体を動かすのが好きなチビヒメは、何度も「もう一回」とリクエストされるので、大人はヘトヘトです(^_^;)

はるがきた(ワークページ・シール付き)

ワークのページは春の生き物やお花を貼ります。

ところで、月齢に合わせてワークページは難易度があがるように説明がありました。

でも思ったほどの難易度アップではなかったように感じます。

4月号はケーキにいちごを貼りましたね。

今回もページ全面が草原なので、どこに貼っても問題なさそうなワークです。

そんなことを気にするのは大人ぐらいなもので、子どもは気にせず喜んでいるので結果オーライでしょうか?

おおきくなったよ(生活習慣のページ)

一年間一緒にすごした、りいすくんたちも園生活に慣れたようです(*^_^*)

いろいろとできるようになったことの振り返りのお話でした。

チビヒメはりいすくんと同じようにできるようになったことと、まだできないことがあります。

それでも、一年で成長したことを思い浮かべるとなんだか感慨深いものがあります。

季節のおやつはフルーツグラタン

今回はフルーツグラタンでした。

こんなの作ってる最中に、フルーツが食べられてしまいそうなおやつです。

 

キウイフルーツの型抜きや、いちごのヘタ取りはこどもと一緒にお料理するポイントです。

想像しただけでキャッキャと喜びそうです。

 

来年度はもう少し頑張って一緒にお料理する機会を増やしてみようと思います。

ころころえほん「はるどうぞ」

春が待ち遠しくなるお話「はるどうぞ」です。

イラストにあるピンクの塊は花びらじゃなくて「はるのにおい」です。

このはるのにおいが、春の訪れを告げる季節感あふれる作品でした。

春って好きな季節なのですが、出会いと別れもつきものでちょっと胸キュンになりますね。

去年の今頃は保活中で、そわそわが止まりませんでしたが、なんだかんだと一年間過ごせました。

この話は書き出すとキリがないのでこのへんに・・・(^_^;)

スポンサーリンク

キンダーブックじゅにあところころえほん3月号の感想

きんだーぶっくじゅにあも、ころころえほんも春を感じさせる内容でした。

もう新しい年度がはじまるんですね~

一年の締めくくりと、新しい季節へのわくわく感の入り混じった最終号でした。

キンダーブックじゅにあは3月号で最終回になります。

他社の教材と違い、自動継続ではないのでここで終了です。

4月からはどうしようか迷っています。

他の通信教材も気になるし、でもキンダーブックじゅにあ自体の満足度は悪くない(なんといってもコスパがいい!)

最終回だったのでシールのおまけがつきました。

危険なのでチビヒメには見せてません(^_^;)

きんだーぶっくじゅにあところころえほんの2サービスを申し込んでいたのでシールも2セット入っていました。

ワークを習慣化したらごほうびシールとして使いたい感じのシールでした。

季節の絵本オススメ

ひなまつりルンルンおんなのこの日!

3月と言えば「ひなまつり」ですよね。

ひなまつりがテーマの絵本です。

日本の行事について詳しくなるのって良いなと思っています。

こういう行事をテーマにした絵本はどんどん読み聞かせたいです。

いちご

「くだもの」の絵本で有名な平山和子さんのいちごの絵本です。

今はいちごがシーズンなので、週に1度位のペースでいちごを買って食べています。

 

そんな身近ないちごが題材の絵本なので、チビヒメも喜びそう(食べたそう)です。

いちご狩りに行けるといいのですが、週末の予約はなかなかとれませんね。

いくつか問い合わせたけど空きがありませんでした(/_;)

 

来年度の家庭学習について

キンダーブックじゅにあが終わってしまったので、4月からどうしようか迷っています。

 

選択肢としては

  • こどもちゃれんじ
  • ポピー
  • キンダーブック1

 

くらいがあがってきます。

年間予定を見ていると、キンダーブックは「キンガーブックじゅにあ」と似ているのでもったいない気もします。

ただ、「キンダーブックしぜん」はあちこちで口コミ評価が高いのでとってみたいなと思っています。

そうすると送料もったいないから、またキンダーブック1をとるかな?ってなりますよね。

 

こどもちゃれんじは、キンダーブックの後だと高く感じますが内容は豪華です。

最近は本講座でも英語学習に力を入れていますね。

他の幼児教材と違って「こどもちゃれんじ」だけは、一つの教材で英語までカバーしているのある意味お得です。

 

ワーク学習を身につけたいだけならポピーもお手頃です。

ポピーとキンダーブックは似ているので同時にとるともったいないと思います。

それにしても、4月号から始めようと思うと、どこも申込期限も迫ってきているので悩んでしまいますね。

 

おすすめページおすすめの幼児教材5選!比較してみました
幼児教材は「こどもちゃれんじ」が有名ですが、他にも各社がいろんな教材を用意しています。その中でどの教材を選ぶかは、「各家庭の教育方針」が基準になってきます。教育方針に合った教材を選ぶことで、無駄なく賢く活用することができます。...…
スポンサーリンク