私の実家は片道1時間ちょっとの距離なのですが、電車に40分ほど乗る必要があります。

帰省のたびに、新幹線で長距離移動している方に比べるとなんてことない距離&時間なのですが、

大きくなるに連れ移動中に眠らなくなり手がかかるようになってきました。

 

この状態で何時間も移動時間のかかる飛行機移動や新幹線での旅行にはチビヒメが耐えられないんじゃないか・・・

と不安に思っていました。

そんな乳幼児連れに力強い味方になってくれそうなステキなトランクを見つけました!

 

 

ライドオンスーツケースにベッド機能追加!ジェットキッズbedbox

ライドオンスーツケースってご存知ですか?
こんな形をしていて、子どもが乗って遊べる(移動できる)くらい頑丈な子ども用のスーツケースのことです。

こちらとは別のメーカーのようですが、さらにベッド機能の付いたトランクがあったのです!

なんとも快適そうですよね・・・


ベッドにできるのは4歳までですが、足を伸ばせるだけでも快適に過ごせそうですよね。

そうでなくとも、自分の荷物というものには特別な気持ちがわきますし、楽しく旅行が過ごせそうです。

ジェットキッズbedboxの気になる点

1 子ども専用の座席が必要

新幹線は未就学児は無料なのですが、指定席で座席を確保するには子供料金が必要になってきます。

bedboxを最大限活用するにはやはり子ども専用席が必要なので座席を取ることになりますよね・・・

まぁでも長時間移動前提なら、専用席はあったほうがラクですけどね。

 

2 荷物はあまり入らない

最初からマットレスが入っているので、荷物を入れるというスーツケースとしての機能はあまり期待できません。

付属品はマットレスだけなので、動画のように枕や掛け布団を使いたければ自分でスーツケースに詰め込む必要があります。

子どもサイズのものなら入るかなー?飛行機ならブランケットの貸出はあるからいいですけど。

スポンサーリンク

ジェットキッズbedboxを販売している場所と価格

さてこのjetkids bedbox。トイザラスのような大手では販売していないので通販でしか見かけたことはありません。

公式サイト(海外)からも購入できるようですが、説明文がほぼ英語なので抵抗なければそちらでも購入も良いですね。

ちなみに、アマゾンでも楽天でも販売しているので手軽に買えますね。

輸入品なので販売価格が微妙に異なります。

公式サイト・・・22,137円(送料込)

公式サイトでの販売価格は・・・     199.00 USD(22,137円)です。

以前は送料50ドルが加算されましたが、今はキャンペーン中なのか送料が無料になっています。(国際輸送なのに無料!)

Free Worldwide Shipping with DHL Express★と書いてあります。

国内Amazonよりもお値打ちなので、個人輸入に抵抗のない人は挑戦してみてもよさそうです。

 

公式サイトでの販売はこちら

→ http://jet-kids.com/dealers/buy%20online%20hk.html

Amazonの最安値・・・19,580円(送料込)

(更新しました)

Amazonでの最安値は19,580円です。(2018-08-24現在)

楽天の最安値・・・18,980円(送料込)

日本の正規輸入元はスマートトレーディングさんが運営する楽天ショップが最安値です。

チェリーベルさんからなら国内輸送なので、今なら最安値かつ最短で手に入ります。

 

楽天での販売はこちら

http://www.rakuten.co.jp/cherrybell/

2018-08-24現在、チェリーベルさんは在庫切れのようです。

並行輸入の他店取扱はあるようなので、お急ぎの場合は下記の一覧にてチェックしてください。

ジェットキッズ bedboxを買うなら楽天がおすすめ

最後に日本の正規輸入元はスマートトレーディングさんになるのですが、

公式サイトでも販売はしています。

ただ、販売価格がなぜか「22,680円」と割高なので、あまりおすすめしません。

※同じ公式運営の楽天ショップでは2万円以下で販売しているので謎です

 

今のところ最安値はAmazonです。

ただしAmazonは人気なのか、よく在庫切れします。

在庫があるうちの購入をおすすめします!

 

Amazonでもたまにチェリーベルさんが出品をしています。

しかし、在庫は少なめで常時販売しているのは「並行輸入業者」がメインというイメージです。

並行輸入業者は正規輸入元ではないので、もしもの保証が不安です。

(下手したら海外カスタマーと直接どうぞと言われそう)

 

ということで一番のおすすめは楽天のチェリーベルさんをチェックすることです!

スポンサーリンク