ディズニー英語システムの無料サンプルを試してみてイマイチだと思った私。営業さんからのお電話で、無料体験会に参加することになりました。

教材に興味はなかったものの、今の英語教育の現状などを把握したくて参加しました。が、結果的に、教材についてちょっと考えなおすことがありました。

ディズニー英語システム

ディズニー英語システム教材の良いと思ったこと

実は、今回体験してみて良い教材だなと思う部分がいくつかありました。そこをまとめてご紹介します。

トークアロング・カード

今回の体験でメインに使った教材です。カードリーダーのような機械に専用カードをスライドさせると英語が流れる教材。トーキングカードという名前のほうが一般的でしょうか・・・?操作が単純でキレイな英語の発音が聞けるので、子どもに一人で学習させるには良いなぁと思いました。

なんでディズニーソングじゃないんだ!と体験版の時に思っていましたが説明を聞いて納得。英語習得を目的とした文法や発音を軸に、音楽はあとづけで作曲したオリジナルソングだそうです。なるほどねー。そう言われてから聞くとありがたい曲に聞こえなくもないです。

ディズニー英語システムを契約しなかった理由

それでも結局、契約はお断りしました。大きな理由は2つ。費用面と、教材収納のスペース面でした。この2つの理由をはねのけるほどには魅力を感じませんでした。以下、ネガティブな方の感想です。

映像教材に苦手意識がある

妊娠中から脳科学的なことには興味を持って勉強していましたが、「米国小児科学会(AAP)は1999年、2歳未満の乳幼児のテレビ視聴を制限するよう、保護者たちに提言した。」という内容を読んで、テレビはできるだけ見せないように努めています。ところがディズニー英語システムにかぎらずですが、DVD教材を見せることになりますよね。ここにちょっと抵抗があるのです。じゃあ2歳未満のうちはDVD以外で・・・となるとなんだかもったいないなぁと思えてしまうのです。

タッチペン(ミッキー・マジックペン)

この教材って他にも似たようなアイテムがお安く手に入りますよね。ディズニー英語システムの場合、単品購入は難しくオプション扱いになります。オプションで購入した場合、本体価格+約10万円でした。10万円ですよ!ペンと絵本のセットだけに10万円出せますか?ちょっと無理かな

アウトプットの必要性

教材からたくさん吸収しても、アウトプットができないと身につきませんよね?ところで、私は英語が苦手です。美しい発音でチビヒメとやりとりする自信がありません。ディズニー英語システムでは、オプションで英語イベントへ参加できたり、電話での英語レッスンを受けることができます。良いと思うんですけど、結局すべて別料金なのですよね。どうも割高に感じます。英会話教室に通うよりお値打ちですよというセールストークなのに、アウトプットのオプションが英会話教室並みの費用に積み上がるんですよね。これってどうなんだろう・・・

というわけで、全体的にコストパフォーマンスが悪そうという印象からお断りすることにしました。

スポンサーリンク

ディズニー英語システムが向いている人

体験をしたことで、こんな方にオススメだなというものを公式の見解とは別に独断でまとめます。

時間にゆとりのある人

子どもが自分で遊びながら学習するというセールストークでしたが、この教材とこどもだけをほったらかしで身につくとは思えません。親が一緒にCDを聞いたり、DVDを見たり、タッチペンやカードもいっしょに遊ばないといけません。年長さんくらいになれば、ひとりでタッチペンやカードをするかもしれませんが、その頃にはプリキュアとかそういう別の誘惑に負けるんじゃないかという不安もあります。子どもとの学習タイムを捻出できる保護者向けではないでしょうか。参考までに公式のおすすめは1日2時間の学習時間×365日だそうです。

ある程度、英語でやり取りできる方

少しずつ発音ができるようになってくると、会話をする必要性がでてきます。が、親がまったく会話ができないのでは効果が半減ですね。先日、英語が得意なお子さんを見かけましたが、お母さんは英語で返していました。難しい会話ではありませんが、とっさに英語で返せるなんてすごいなぁとお母さんのほうに関心したものです。子どもにとって、母親の声や言葉は強烈です。教材で習得したネイティブの発音を母親の「ディズイズアペン」発音で上書きされるのではないかという不安があります。とはいえ、相手は子どもです。子どもとの会話くらいなら英語で対応できるわという心構えのある方にはおすすめです。

ディズニーイングリッシュとディズニー英語システム

最後に、似たような名前に「ディズニーイングリッシュ」という教材があります。こちらはディズニー英語システムとは全くの別物です。

どちらかといえば「ディズニーイングリッシュ」のほうがディズニー色が強い教材で、悪く言えばおもちゃ寄りでしょうか。ディズニー英語システムのほうが教材色は強いイメージです。その分お値段も全く違います。

ディズニー・イングリッシュ・コンプリートBOX ([バラエティ])

新品価格
¥18,900から
(2016/5/13 06:19時点)

ディズニーイングリッシュはご覧のとおり、フルパッケージでも2万円以下です。ディズニー英語システムはフルパッケージそろえると、会員価格でも90万円くらいします。ミニマムパッケージで15万円です。価格帯がまったくちがいます。ですので、同じ学習効果は期待できないものの、0歳のうちに試してみたいならこういう商品を使ってみるのもいいかなーと思いました。

ちなみに似たようなものにこちらがあります。

0歳からのえいご絵ずかん: しゃべるペン付き ([バラエティ])

新品価格
¥5,130から
(2016/5/13 06:22時点)

チビヒメはまだ、ディズニーキャラクターに興味をしめしていないので、こういう教材で音が出るおもちゃとして遊ばせたほうがコスパはよさそうだなーと思ってみてます。こっちの教材試そうかなー。

以上でひとまず、ディズニー英語の感想でした。無料体験会にて、英語学習についての脳科学的なお話や小学校の英語授業の現状など、すごく参考になる話もたくさん聞けました。結果的に参加して良かったです。そのあたりのお話はまた改めて書きますね(長くなるので)

スポンサーリンク
関連キーワード